Windows10 ProのWindows Updateを行ったがExcel2010は普通に動いた…

 Windows UpdateでExcel2010が起動できなくなる可能性があるが、MiPSの準備もあるし、起動しなければ KB4461627 を削除すればよいとあるので、行った。

  • OS:Windows10 Pro 32ビット ノートパソコン
  • Excel2010 バージョン:14.0.7214.5000(パッケージ版)

≪結果≫

  • Windows Update直後も Excel2010は一見正常に起動した。
  • Windows Proのためか、32ビットのためか、Microsoft社が慌ててパッチを当てたか‥‥ 不明なれど、一安心した。

Windows Update 状況≫

  1. 12月22日以降、電源を入れていないので、
    Windows Updateも止まったままになっている。
  2. [更新プログラムのチェック]を実施。
  3. 直後、Excel2010を起動。
    (起動しておけばインストールが出来ないはず‥‥ との思い)
  4. [更新プログラムのチェック]で
    KB4461627 が「インストール保留中」になっていた。
  5. 念のためExcel2010のバージョンをチェックしたら、
    14.0.7214.5000 だった。
  6. Windows Updateで「再起動が必要です」と
    KB4461627 で再起動の保留中だったのでExcelを閉じ、再起動!
  7. 更新履歴を見たら
    KB4461627 は正しくインストールされていた。
  8. Excel2010を起動‥‥ できたので、
    "2019/5/5" を入力、セルの書式を "ggge年m月d日" 設定したら、「平成31年5月5日」と表示された。
  9. 念のためExcelのバージョンを見たら
    変わっていなかった。