Windows10 May 2020 Update(v2004)のインストールは早過ぎ?

(更新:追伸 ✅2020-07-17 を追加)
≪目次≫


いきさつ

  1. Win10 Updateに備えて(無無無庵 2020年05月27日)
    nonn634.blog.jp

     本日05/27、早ければ明日05/28から05/30には次期「Windows 10 May 2020 Update」v2004が公開される予定(Win10、v2004情報)の前日に、俳諧先の2つのサイトで何故か酷似する内容の記載がなされた。
    ‥‥ということで、v2004大型アップデート完了まで、「高速スタートアップを無効」にし「スクリーンセーバーを解除」する。
  2. Windows 10 May 2020 Update」(バージョン2004)一般提供開始
    ITmedia NEWS 2020年05月28日)
    www.itmedia.co.jp

     米Microsoftは5月27日(現地時間)、「Windows 10」の大型アップデート「May 2020 Update」(コードネーム「20H1」、正式バージョン「2004」)を同日から提供開始したと発表した。AI採用のロールアウト方式のため、全対象ユーザーに行き渡るには数週間かかる見込みだ。
     アップデートが来ているかどうかは、[設定]→[更新とセキュリティ]→[Windows Update]→[更新プログラムのチェック]で確認できる(ビルド1903あるいは1909のユーザーであれば、アップデートがきていても「ダウンロードしてインストール」をクリックしなければ自動的にアップデートされることはない)。
  3. Windows 10 May 2020 Update(Windows 10, version 2004)の提供について
    FMVサポート : 富士通パソコン 2020年5月28日)
    azby.fmworld.net

     Windows 10 May 2020 Updateは、マイクロソフト社から提供されるWindows 10の更新プログラムです。Windows Updateの重要な更新プログラムとして順次適用(アップデート)されます。
    なお、通常の更新プログラムに比べダウンロードとアップデートに時間がかかる可能性があります。f:id:ogohnohito:20200529150245p:plain:w600
  4. Windows 10 バージョン2004 配信開始、しかし問題も(Solomonレビュー 2020/05/28)
     従来のバージョンでは比較的新しいCPUを搭載したパソコンには、正式リリース直後からWindows Updateでの配信をはじめていました。しかし今回は、私の環境では1台もWindows Updateでは配信されていません。現状では、メディア作成ツールを使ってメディアを作成してアップデートするしか方法はありませんが、それも問題があるように思えます。
    Windows 10 バージョン2004での変更点
     Windows 10 バージョン1909からの変更点についてはこちらの記事を参照願います。f:id:ogohnohito:20200531092824p:plain:right:w320
    アップデートしないために
     上記で説明したようにアップデートしてしまうとWindows 10 Proでも延期設定が行えません。しかし、Windows 10 Pro バージョン1909までは延期設定が使えますので、Proならば延期設定をしておく方がよいでしょう。
    現時点では、Windows Updateに「Windows 10 バージョン2004の機能更新プログラム」は表示されないと思います。しかし、表示された後では「今すぐダウンロードしてインストールする」と「更新プログラムのチェック」はクリックしないようにしてください。クリックするとアップデートされてしまいます。
    アップデートしたくない場合はWindows Updateは触らないようにしてください。また、Windows 10 Homeでは、最大35日の延期機能を使うこともお勧めします。

今日の結論

 このPCの Windowsのバージョンは 1909である。f:id:ogohnohito:20200528184033p:plain:right:w240
無無無庵さんにならって

FMVサポートにある不具合? が何時解消されるか‥‥ ウォッチを続けなくては...


追伸

✅2020-07-17:「Windows 10 May 2020 Update」のIMEに新たな問題 ~Excelなどとの組み合わせで発生窓の杜 2020年07月17日)

 今回新たに公表された問題は、「Microsoft Excel」などの一部のアプリで「Microsoft IME」を利用している場合、マウスでドラッグするとエラーが表示されたり、アプリが応答しなくなったりするというもの。現在のところ、「Microsoft IME」を以前のバージョンに戻す方法が一時的な回避策として案内されている。

✅2020-07-15:Windows 10 May 2020 Update後のWindows Updateに変化あり@IT 2020年07月08日)

Windows 10 バージョン2004は自動更新ですぐに配布されることはない
 Windows 10の「Windows Update」の設定をいじっていない限り、そして現在使用中のバージョンのサポート期限が切れていたり、期限切れが迫っていたりしていない限り、Windows 10 バージョン2004のダウンロードとインストール(アップグレード)が自動的に始まってしまうことはありません。
 Windows 10 バージョン1903以降を現在使用しているなら、「設定」アプリの「Windows Update」で新しいバージョンの機能更新プログラムが利用可能であることが案内されるだけで、「今すぐダウンロードしてインストールする」(バージョン1903以前)または「ダウンロードしてインストール」(バージョン1909以降)をユーザーが明示的にクリックしなければダウンロードもインストールも始まりません。

 このPCの現在の Windows Update

  • 利用可能な更新プログラムはインストールする予定。
  • Windows10 Version2004の機能更新プログラム、表現はこれまでと変わっていない。
✅2020-07-11:「Windows 10 May 2020 Update」に関連する不具合のまとめ窓の杜 2020年7月10日)

 「Windows 10 May 2020 Update(バージョン 2004)」の一般提供が開始され1カ月半ほど経ちましたが、今回は変更が多岐にわたったせいか、前回よりもアップグレードに関わる不具合が多く報告されているようです。
 そこで、今回も「May 2020 Update」のアップグレードで確認されている問題をまとめてみました。自動更新に任せている場合はあまり問題になることはありませんが、手動でのアップデートを考えているユーザーは注意していただければと思います。

 このPC(Windows8を 8.1⇒ 10にアップブレード)の Windows Updateを見たら「間もなくリリースされます」とあった。

f:id:ogohnohito:20200711032634p:plain:w400

✅2020-06-16:Windows 10 May 2020 Update(Windows 10, version 2004)の提供について(FMVサポート : 富士通パソコン 2020年6月15日 更新)

見た目は、本文にある「2020年5月28日」掲載時 と変わっていない...

✅2020-06-07:このPCの 設定⇒WindowsUpdate

 呑兵衛あなさんのコメントに触発され、このPC(ノートパソコン)のWindows Update を見たが、変わりなし。

✅2020-06-04:窓の杜ニュース「Windows 10 May 2020 Update」への更新は慎重に

こんなメッセージが表示されているユーザーは要注意。無理にアップグレードしない方がよいでしょう
「こんなメッセージ」とは日暮日記さんのと同じ。

✅2020-05-31:日暮日記さんのブログ「Windows Updateにあったメッセージ

 つられてこのPCも見たが、全く同じメッセージで「お使いのディバイスでは、まだ準備が完了していません」だった。