iPS-77 平成31年3月22日(金/PM)の予定‥Word作例

Word作例 すぐわかる Wordで かんたんお役立ち作例集

ステップ11 「表」機能の便利技で清涼感ある暑中見舞いを作る(P.162)f:id:ogohnohito:20190304085122j:plain:w200:right
  • 初日です。会員外の参加大歓迎、今日がチャンスです。

💡ヒント
 テキストでは2ページ目が出来たままで「完成」です。「空白なので支障がない」はずないので、消してみましょう!

  • ハガキの大きさは 100×148mmです。
  • 表の縦の大きさは、8mm×17行=136mmです。
  • 上下の余白は各 4mmなので、148-136-4×2=4mm 表の下に余白が出来ていますが、
  • 表の下に(必ず)出来る段落 の高さは、18pt.×0.353mm/pt=6.35mmなので、1ページ目に納まらないのです。

そこで、

  1. ページ設定で、
    • 上余白を 5.5mmとし、(計算誤差を見込んで 0.5mm小さくした)
    • 下余白を、警告が出ない最低幅‥‥ として、5.5mmにする。
  2. 最終行にカーソルを移し、(Ctrl+End)
  3. ページレイアウト タブ/段落 グループの[段落の設定]で、
  4. 行間:固定、間隔:2pt. とする。

『余白が印刷できない領域に設定されています』の警告を[無視]するのであれば、上余白を 6mm、下余白を 0mmにすればよい。