Wordの警告『この文書には、他のファイルへのリンクが含まれています‥‥』の原因は Excelの表を「リンク貼り付け」したためだっただろう

 昨日、高齢者いきいき館でのiPS-77、Word2010で作成した「ステップ5完成_CDケース!カレンダー.docx」を OneDriveに保存した。
そして今日、Word2013で開いたら、『この文書には、他のファイルへのリンクが含まれています‥‥』

の警告が出たッ!?


 とりあえず[×]で閉じ、

  1. フォルダ「すぐわかるWordで簡単お役立ち作例集」ごとウィルスチェックをする‥‥ が、異常なし。
  2. 表(カレンダー)を削除して名前を付けて保存‥‥ したが、状況は同じ。
  3. 更に画像を削除して名前を付けて保存‥‥ したが、状況は同じ。
  4. 表も画像も削除した上記ファイルを開き、警告を[はい]で応答すると‥‥ 表(カレンダー)が表示されたッ!
  5. “Word この文書には、他のファイルへのリンクが含まれています” でググる‥‥
    • Word2013のファイルで「他のファイルへのリンク」を削除(ブログというより備忘録 2017年1月21日)
       この文書には、他のファイルへのリンクが含まれています。リンクされたファイルのデータでこの文書を更新しますか? と表示されるけど、いったいどこにリンクがあるのか調べたいというときは、ちょっと設定が必要です。
      1. 「ファイル」メニューから「オプション」を開きます。
      2. 「クイックアクセスツールバー」を開いて、「ファイルへのリンクの編集」を選んで「追加」して「OK」。
      3. Word 2013の左上のクイックアクセスツールバーに「ファイルへのリンクの編集」ボタンが追加されます。
      4. このボタンをクリックすると、ファイルへのリンクがある箇所のリストが表示され、リンクを確認して、削除することができます。
  6. 早速クイックアクセスツールバーに[ファイルへのリンクの編集]を追加し、クリックすると

    【リンクの設定】が表示された。
    • リンク先は、年間カレンダーIV.xlsx の R21C20:R27C26(T21:Z27)なので、

      2018年9月のカレンダー となる。
    • [リンクの解除]を行ったが、Word上の表はそのまま残った。
≪今日の結論≫
  • 高齢者いきいき館で、Word2010で作成した文書を OneDriveに保存し、自宅のWord2013で開いたところ「この文書には、他のファイルへのリンクが含まれています‥‥」の警告が出た。
  • 警告の原因は、Word2010で Excelで作成したカレンダーをコピペした時、「貼り付けのオプション」の「リンク」を(間違って)選択したため‥‥ と推定される。


 ここで閃いた。

  • Excelで月間カレンダーを12cm×12cmの大きさで作り、
  • Wordにリンク貼り付けし、オリジナルカレンダーを作る。

これにより好きな年月のカレンダーが出来るのではないか...
出来れば、VBAを使わずマクロのみで作りたいなぁ〜