ランサムウェアのWannaCry、感染したパソコンの大部分がWindows7という情報

世界同時サイバー攻撃、感染の98%はWindows7! XPの事例はほぼゼロ! WannaCry対策を

情報速報ドットコム 2017.05.21

 世界中で感染報告が相次いでいるランサムウェアのWannaCry(ワナクライ)ですが、感染したパソコンの大部分がWindows7を搭載したモデルだったことが分かりました。

 これはロシアのセキュリティ会社カスペルスキーのコスティン・ライウ氏が発見した情報で、ライウ氏は「バージョン別感染で最悪だったのはWindows7 x64。WindowsXPはほとんどない」とツイッターにコメント。同じWindows7でも32ビット仕様は事例が少なく、利用者が多い Windows7の64ビット仕様で感染が多発したと見られています。

  • グラフを見る限りでは‥‥
  • と云うことは、Windows7が狙われた...

 MiPSで(3か月に一回)行っている「セキュリティ」に関する操作‥‥ は、必要最低限の防衛策と言えるのではないかと思うが、どうだろう...