田起こし前の田んぼに竹炭を160kg/反 撒いた

 日暮日記さんに刺激され、田んぼに竹炭を撒きに行く前に田布施川に寄った。
 適当な風があったのも幸いした。

  • 近景:鯉のぼり
  • 中景:土手沿いの桜
    • サリジェの建物も入れたかった。
  • 遠景:あいさつ橋

で、どうだろう‥‥ (25枚撮影したうちの1枚)

 個人的には、鯉のぼりが増えたので、来年はあいさつ橋にも‥‥ と思っている。
橋の反対側は

逆光になり、時間的・実力的にも撮影は諦めた。


 ご無沙汰していた田んぼ、

  • のうぐろは想定どおり

であった。


 昨年は

  • 田起こしが終わった後に、
  • 124kg/反の竹炭(実際に撒いたのは40kg)を撒いた。
  • 長男からは「炭がたくさん流れているよぉ〜」と。


 この反省から今年は、

  • 田起こしの前に撒こう。
  • そうしないと、すき込まれない...

と、

  • 竹炭は目分量で 100kg用意した。
    • 30kgの米袋一杯に竹炭を詰めると、約 12kgになる。
    • 8.5袋分準備したので、12×8.5≒100kg。
    • 1袋を一輪車に載せたところ。

 6畝の田んぼに、4時間掛けて手で撒いた。
160kg/反 となる計算だが、見た目の変化はない‥‥ 秋の吉報を待つしかない...