Word2007で作る瓦版(Lesson6)をWord2013のワードアートを作る

 「趣味発見!デジタル写真自由自在」(Word2007対応)のLesson6は「Wordで瓦版を作成しよう」
ここにワードアートが出てくるが、Word2007(Word2003と同じ)で作れば何ともない。しかし、Word2013では‥‥ チョッと手こずった。確かWord2010でも手こずるはずだ。
そのワードアートにWord2013で挑戦した。


  1. [挿入]タブ/テキストGr.の[ワードアートの挿入]をクリックし、
  2. 塗りつぶしは適当に選ぶ。
  3. 半角文字で “COSMOS News” と入力する。(テキストは“COSMOS NEWS”)
  4. ワードアートを選択し、[文字列の方向]を[縦書き]にする‥‥ と、枠が縦置きになるだけ。(右図)
    • 英文に縦書きというのはない? ためか。
    • “News” のみを全角文字に変える‥‥ と、縦書きになる。
    • 但し、指定のフォント Wide Latin に全角文字は無い...
  5. 3. の状態に戻し、フォントを Wide Latin に変更する。
  6. Lesson6のテキストに準じ、左側に、高さはページ一杯、幅は1文字分に枠を広げる。
    • 文字が縦に表示されるのは、幅が1文字分しかないので、折り返して表示しているため。
    • Wordの常で、スペースは無視される...
    • 高さを広げても、文字の大きさは変わらない。

  7. “S” の右のスペースを取り、改行を2っ入れると‥‥
  8. [書式]タブ/ワードアートのスタイルGr.の[文字の効果]をクリックし、
  9. [変形]をポイント ⇒「形状」の[四角]を選択する。
    • 文字は若干縦長になる?
    • 均等割り付けの感じ...

  10. ワードアート内の上下左右の余白を大きくする。
    1. [書式]タブ/ワードアートのスタイルGr.名の右端にある[文字の効果の設定]をクリックする。
    2. [レイアウトとプロパティ]をクリックする。
    3. 余白を変更する。
       例えば、左右:5mm、上下:10mm

  11. 幅を最終調整する。

  12. 背景色は[図形の塗りつぶし]で、文字は[フォントの色],[文字の効果と体裁]で修整できる。


追伸(2016.06.14)

  1. デスクトップPCの Windows10/Word2010で検証中、フォント:Wide Latin が無いことに気が付いた。
  2. フォント:Wide Latin は Office2007には付いているが、Office2010以降は無くなったようだ。
  3. 上記記事は Windows10/Word2013で作成したが、このノートパソコン,元々は Windows8。Windows10に上げる前は Word2007をインストールしてあった。
  4. ノートパソコンのコンパネ ⇒ フォント を“Latin”で検索したら「Latin やや広い」がヒット、開いて、フォント名:Wide Latinを確認した。
  5. フォント:Wide Latin(ファイル名:LATINWD.TTF)をデスクトップPCにインストール、動作することを確認した。