Buffalo Backup Utilityをリスタートさせる(無謀な挑戦)

 Buffalo Backup Utilityのトータル容量が 67GBになった
初回が 44GBだから 1.5倍。この間 50日で、単純に計算すると 1年後には 44+(67-44)×365÷50 → 200GB以上...
正味容量の 4倍になる計算で、復元も複雑な作業になると思われる。1年前に復元することはないであろうに...
 バックアップを初回からやり直す方法をググったが、見つけられなかった。で、無謀な挑戦を行った。

§1.初期の設定画面が出るか...

  1. [今すぐバックアップを実行する]。
    • 9分で終了した。
  2. C:\Program Files (x86)\BUFFALO\Backup_Utility にある BFBackupUtility.ini をリネームする。
  3. Buffalo Backup Utility を終了させる。
  4. Buffalo Backup Utility を起動する。
    • バックアップ設定の画面が出た。
    • このまま続けると、初期の設定‥‥ になるはず。

  5. [キャンセル]する。

 成功!

§2.元に戻してみる

  1. Buffalo Backup Utility を終了させる。
  2. BFBackupUtility.ini を削除する。
  3. リネームした BFBackupUtility.ini を元の名前(BFBackupUtility.ini)に戻す。
  4. Buffalo Backup Utility を起動する。
  5. [今すぐバックアップを実行する]。
    • 1分以内に終わった。

 成功!(たぶん)

§3.実行したら...

 §1.をそのまま実行してみたら‥‥

  1. バックアップしたくないフォルダは、当然、既定値になる。
     この段階で以前の設定はわからないので、リネームした BFBackupUtility.ini を開いて
    DirSetting=00\/1|01\/1|00\Users\ユーザー名\AppData\Local\Temp/0|00\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft Games/0|00\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files/0|00\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Feeds/0
    参考にした。
  2. 初回のバックアップに 282分要した。容量は 45.1GBだった。
    • 前回の初回のバックアップは 44GBだったので、個人のデータが 1.1GB増えた計算になる。
    • 前回の延べバックアップ量は 67GB だったので、20GB程度浮いたことになる。

 復元のテストは行っていないが、たぶん問題ないだろう...

編集後記

  • 差分バックアップは、日々行うバックアップ時間を短くする分には有効である。
  • 差分バックアップを継続すると、延べバックアップ量が増えるのは致し方ない。
     しかし、それにつれて復元が複雑になる(時間が掛かる)のではないか‥‥ という心配がある。
    (その心配から、このテストを行ったのだが...
  • HDDがクラッシュした時のためにバックアップするのであれば、ミラーの方が...
  • 結局、両方の方法でバックアップしろ‥‥ ということだろう。