Windows8のInternet Explorer(IE10)は「2つ」ある

 Windows8には、最新のブラウザーソフト「Internet Explorer 10(以下、IE10)」が搭載されています。
今回の Windows8では、IE10は 2種類あります。1つはこれまでどおり、デスクトップ画面で使うIE10。もう1つは、スタート画面から使うIE10です。デスクトップ画面で使うIE10は、これまでのIEを使っている方なら、あまり迷わず使いはじめられるでしょう。

  • スタート画面から使うWindows ストア アプリのIE10は、
    1. スタート画面からすばやく起動できるところが便利です。調べ物をすぐに検索したいときや、ニュース情報をいち早くチェックしたいときなどに活用してみましょう。
    2. すぐに開けるように、よく利用するホームページへのリンクをスタート画面に作ることができます。
    3. メニュー表示がシンプルで、ホームページの画面を大きく表示できます。
       メニューを利用したいときには、マウスを右クリックするとメニューバーを表示することができます。
    4. スタート画面から使うIE10から、デスクトップ画面のIE10のお気に入りに、ダイレクトに登録することができます。
    5. スタート画面で使うIE10では、「Flash(フラッシュ)」というしくみを使っているページを正しく表示できない場合がありますFlashは、一部の動画やアニメーション、メニューなどで使われることがあります。
      こうしたホームページを見るときには、デスクトップ画面で使うIE10に切り替えます。切り替えることで、Flashを使用するホームページを見ることができます。
  • デスクトップ画面で使うWindows アプリのIE10は、
    1. デスクトップに切り替えてタスクバーのアイコンをクリックして起動できます。
      操作方法は、これまでのIEと同様です。