筆ぐるめ/CSV形式の住所録を読み込むには

筆ぐるめ ver.17での方法です。
次のような Excel住所録を筆ぐるめに移す手順です。

Excel住所録の項目名 筆ぐるめの項目名
氏名 または 名前 氏名
かな 氏名読み
連名 連名1氏名
電話番号 自宅TEL
郵便番号 自宅郵便番号
住所1 または 住所 自宅住所
住所2 自宅住所 3)
  1. 上記以外のExcel住所録の項目は移行できません。
  2. ここでは、Excel住所録は太字の項目名で作ってあるものとします。
  3. 筆ぐるめには「住所」は1項目しかありません。そこで、住所1と住所2を結合して「自宅住所」とします。



■ 手順
  1. 筆ぐるめを起動する。
    • 【ナビ】ダイアログボックスが出た時は[×]ボタンで閉じる。
  2. (1)タブが[おもて(宛て名)]に、(2)ツールバーの[住所録]がオン になっていることを確認する。
  3. マイ住所録]を選択する。‥‥ 重要
    • これを忘れると[みんなの住所録]に取り込まれる。(たぶん)
  4. おもて(宛て名)・ツールバーの[住所録データ取込]をクリックする。
    • メニューバーの[ファイル]⇒[住所録データ取り込み]をクリックしても同じです。
  5. 8[他ソフトデータ]を選択し、[次へ]をクリックする。
  6. 8CSVファイルを選択し、[次へ]をクリックする。
  7. 【外部データ読み込み】ダイアログボックスで ‥‥ 最初の山場
    1. CSVファイルがあるフォルダ(ファイルの場所)を開き、
    2. CSVファイルを選択し、[開く]。
  8. 項目名を関連付ける ‥‥ 最後の山場
    1. 「1レコード目を項目名とする」のチェックを外し、
      1. 外部データの項目名をクリックし、
      2. 対応する筆ぐるめ項目の項目名をクリックし、
      3. [関連付け≫]ボタンをクリックする。
        • これを繰り返す。結果を要約すると次のようになる。
        • No.は Excel住所録の項目順なので、パソコンによって異なる。
    2. 関連付けが終わったら、R1レコード目を項目名とする にチェックを入れる。‥‥ 必須
      • チェックを外すと、実際のデータが表示される。
  9. [変換実行]ボタンをクリックする。
  10. 確認メッセージが出るので、進める。
    • 「パスワードを入力してください。」では、[パスワードを設定しない]ボタンをクリックする。(パスワードの設定は任意)
  11. 「マイ住所録」に、ファイル名と同じ住所録ができる。
    • 名前の変更は、(1)選択して、(2)おもて(宛て名)・ツールバーの[設定変更]をクリックする。