Windows7のMyJVNバージョンチェッカが起動できなくなったがキャッシュのクリアで○

  1. 富士通FMVパソコンライフお役立ち情報
    Oracle Corporation Javaプラグイン脆弱性に関するお知らせ

     米国 Oracle Corporation より、Java プラグイン(注1)のセキュリティ上の脆弱性(ぜいじゃくせい注2)に関する情報が公開されました。 早急に対応いただきますようお願いいたします。

    そこで、WindowsXP(デスクトップPC)と Windows7(ノートPC)のバージョンチェックを行った。

  2. WindowsXP から MyJVNバージョンチェッカを起動
    • JRE×だったので、バージョンアップを実施。
    • その後、JREになった。
  3. Windows7 から MyJVNバージョンチェッカ(32bit)を起動
    • JRE×だったので、バージョンアップを実施。
    • その後、バージョンチェッカが起動できなくなった

      [詳細]をクリックすると、

      「署名されていないアプリケーションがシステムへの無制限のアクセスをリクエストしています」と言われても...
    • MyJVNのFAQ を探して‥‥ Java のキャッシュをクリアした。
      1. [スタート]⇒[コントロールパネル]⇒[プログラム]⇒[Java] から Java コントロールパネルを立ち上げる。
      2. 次に、[一般]タブから、「インターネット一時ファイル」の[設定]をクリックし、
      3. 【一時ファイルの設定】ダイアログボックスで、Rコンピュータに一時ファイルを保持する を確認し、
      4. [ファイルの削除]を行う。
    • 念のため再起動する。
    • Windows7(32bit)用 MyJVNバージョンチェッカを起動
      • 今度は起動できた。
      • JREになった。
      • Adobe Reader も何故かチェックできるようになった。(これまでは、選択すると動かなくなるので、選択していなかった)