側溝用鉄板蓋の見積もりを依頼した

団地内の側溝の殆んどには蓋が被せてあるが、当初(S49年)よりコンクリート製。重さを計ったら30kgあった。この蓋、入居してから解ったことであるが、田布施町の管轄外。「壊れた」と言っても変えてくれないのである。それどころか、今は造られていない代物である。
15年以上前であろうか‥‥ 鉄板にする希望者を募ったが、当時は若かったので手を挙げなかった人が多かったと記憶している。
昨年のある時、「蓋を開けて掃除するのは堪える」との声が出たのを機に、今日、女房の友達というU板金に見積もりを依頼した。

  • 厚さは5〜6mmは必要。
    • 薄いと板が反ってしまい、音も出るようになる。
    • 車が乗るのであれば、8〜10mmは必要。
  • 幅は400mm。(側溝の幅は300mm)
  • 長さは、約610か915mmになろう。(定尺は3ftまたは4ft)
  • 縞鋼板(チェッカープレート)がベター。

そこで、「縞鋼板 定尺在庫 重量表」(6mmtで48.77kg/m2)を参考に、1枚の重さを計算してみた。

  • 厚さ6mm、長さ610mmで、48.77×0.4×0.61≒12kg
  • 厚さ6mm、長さ915mmで、48.77×0.4×0.915≒18kg