来年度の班長さんに集まってもらった

平成22年度も残り1ヶ月、来年度の班長さんに集まってもらい、「役員を決める」よう依頼した。
作った資料は

  • 平成22年度活動報告(案)
  • 平成22年度会計報告(案)
  • 来年度への要望

平成22年度は、会長経験が無いことから、ある程度覚悟して臨んだので、一回で決まったが、今年は例年のように三役が決まらず、再度、集まることになった。これはある程度予期していたこと。「ご主人が居られない」「ご主人が加療中」の方が多いことから、昨年度より一週間早くしたのだ。
団地もこれまでは順に「自治会長」をこなしてきたが、高齢化に入り、難しくなりつつある。
他の地区はどうなのであろうか? 何か上手い解決策はないのであろうか?
何とか「会長」職をこなしてホッとしているところであるが、気になるところでもある。