畔の草刈り、イネ科雑草を意識し「高刈り」を肝に銘じた

≪目次≫


いきさつ

 26日梅雨入りし、外での作業が出来ない。で、梅雨明け後に来る草刈りに備え、グーグル先生に聞いた‥‥

草刈りの最適な時期や実施頻度とは?(引用:お庭の生活救急車

niwa-seikatsukyukyusya.com
◆草刈りは1年に3回行うのが理想的
  • 6~7月
     草が成長する前の時期であり、草がもっとも成長する時期でもあります。 雨が多く、陽の光も強いので、ぐんぐんと草が伸びていきます。 本格的に伸びてしまう前に草刈りを行うことで、草が大きく成長しすぎるのを防ぐことができます。
  • 9~10月
     9月以降は気温が徐々に下がっていき、成長の勢いが落ち着いてくるころです。 この時期の草は元気がないため、刈り取ることで成長しにくくなります。
  • 11~12月
     本格的に寒くなってくると、草がどんどん枯れていきます。 枯れ草を刈ることで、景観を美しく保つことができます。
◆天候などを考慮することも大切
 植物の成長は水と陽の光、そして栄養素が必要です。土にいくら栄養があっても、水や陽の光がなければ成長しません。
たとえば、たっぷり雨がふったあとに天気のいい日が続いてしまうと、草の成長スピードはふだんよりも早くなってしまいます。要するに、草を刈ったあとすぐに雨がふり、晴れの日が続いてしまう場合、草を刈っても数日後には草が生い茂ってしまうということです。
 では、どんなタイミングで草刈りをすればいいのかというと、雨がふったあと、晴れの日が続いて草が伸び切ったあとが最適と言えます。これから伸びるであろう草を刈っても、結局は伸びてしまいますが、ある程度成長しきった草を刈れば、それ以上の成長は見込めないので、より効率的に草刈りができるようになります。
なので、草刈りをするときは、雨が降ってから数日後がおすすめです。

田んぼの草刈りは計画的に!正しい手順で作業をすすめるポイント(引用:草刈り110番

kusakari-rits.jp◆田んぼで行う草刈りの役割
 草刈りをせず放置をすれば雑草は伸び、新しい雑草も生えてきます。そのうちススキや雑木が生えてきて、その場所は山へと戻り始めます。逆に草刈りを頻繁に行っていれば雑草が伸び続けることはなく、背の低い雑草が畦畔を覆い始めます。この状態が進行すると野芝という野生の芝に覆われ、草刈りの手間が少なくなるというのです。

◆害虫対策としての側面もあります
 草刈りにはもう一つ大きな役割があります。それはカメムシを寄せ付けないということです。カメムシは稲の籾(もみ)を食べてしまうため、食害被害につながる恐れがあるのです。
 しかしカメムシを寄せ付けないためには、草刈りをする際に守らなければいけない点があります。それは畦畔に生えている草を地面の際まで刈り取らないという点です。際まで刈ってしまうとイネ科雑草が畦畔に増えていきます。イネ科雑草は成長点が根元の方にあるため他の雑草が負けてしまうために、このようなことが起こります。
 カメムシはイネ科雑草や稲の穂が好物という特徴があるため、イネ科雑草が増えると食害被害にあうリスクが増す可能性があります。

◆田んぼの草刈りは計画的に進める
 田んぼの草刈りの主な目的は上で述べたようにカメムシからの食害被害を防ぐためです。
そのためイネ科雑草が育つサイクル・稲穂になる時期を逆算し草刈りのスケジュールを立てます。イネ科雑草は地面の際ではなく高さを10センチメートルほど残して刈り取ること(高刈りといいます)で新芽を出しにくくなり徐々に減っていくといわれています。

◆刈った草は処分する
 刈り取った草の処理はどうしていますか。もし草をそのまま放置をしていた場合には、自然分解が始まります。するとミミズが草を目的に集まることがあります。
ミミズが集まれば、そのミミズを目的にモグラが集まるかもしれません。モグラは穴を掘る生き物ですから畦に穴を掘り、畦が決壊する恐れがあります。
また放置しておくことで、その部分は土が柔らかくなりやすいといわれています。畦の決壊を防ぐために刈り取った草は処分いたしましょう。

畦草刈りはするべき?草刈りをするポイントは「カメムシ」と「イネ科」(引用:ファーマリーブログ)

farmally.jp 田植えが終わった後、次の仕事は「畦草刈り」です。畦の草刈りは、一見「田んぼに草が生えているわけじゃないからほっておいても良さそうなのに、なんでわざわざ草刈りをするのだろう?」と思う方も多いのではないでしょうか。
畦草刈りは、単に見栄えをよくするためにしているのではなく、お米を育てる上で重要なポイントがあるのです。
◆一番避けたいのは「カメムシ」の発生
 畦草刈りをする重要なポイントは「カメムシ」の発生を抑えるためです。実は、カメムシはイネ科の雑草や稲の穂が大好き。そのため、雑草にイネ科のものがあると、カメムシが寄ってきてしまいます。
そのため、カメムシを寄せつけないように畦草刈りをすることが重要になるんですよ。
カメムシが寄るのは「イネ科」の雑草
 畦草刈りで重要なのは、「イネ科の雑草」を無くすことです。そのため、イネ科の雑草が生えていない場合は、それほど畦草刈りに躍起になる必要はありません。
イネ科の雑草で代表的なものはメヒシバ・エノコログサ・イヌビエなど。田んぼの周辺に生えやすい雑草なので、あなたの圃場の近くにも生えていないかチェックしましょう。
「イネ科」の雑草は、他の科の雑草よりも草が生える力が強く、全て刈り取ってしまうと次に生えてくるのはイネ科の雑草だらけになってしまいます
◆10~15cmほど高めに刈ることがおすすめ
 イネ科の雑草の成長を抑えるためには、根本から全てを刈り取るのではなく、10cm〜15cmの高さを残して刈り取ることが重要です。10cm程度残して切り取ると、イネ科の幼芽をつむことができ、成長を鈍化させることが可能です。「イネ科の植物が残っているから心配…」という方。実は、普通に稲刈りをしたときよりも、10cmほど残して高刈りをしたほうが、カメムシの発生が4分の1ほどになったというデータもあるんですよ。
また、根本から刈り取っても、15cm程度残して刈り取っても、1ヶ月後のイネ科雑草の草丈は変わりません。雑草を刈りすぎて、逆にイネ科の雑草ばかりになってしまわないように、高刈りをすることがおすすめです。
◆畦草刈りをしたときの草の処理方法
 畦草刈りをした後の雑草は、そのまま置いておいてもいいのか迷う方も多いのではないでしょうか。もちろん、そのまま置いておくと、日陰ができるため雑草の成長を遅らせることもできますし、何より手間がかからないのでラクチンです。
ですが、雑草の分解をするためミミズが集まり、ミミズを餌とするモグラが集まり、畦を破壊してしまう可能性もあるんです。そのため、できれば一箇所にまとめておくことがおすすめです。

 正直なところショックを隠し切れない。イネ科の雑草を育てる草刈りをしていた...
長男に謝らなければならない。そう言えば「コンクリート畔と接している土の畔を削りたい‥‥」と言っていたが、そういう背景があたのだろう。


イネ科の雑草

メヒシバ(雌日芝)

www.vegrass.com
日当たりのよい野原や道端、畑地、空き地などに多く生育し、繁殖力が強く、夏の強害草の一つである。
7~9月にかけて細長い花茎の先に細く、てのひら状に穂をつける。
オヒシバ(雄日芝)に比べて繊細な姿なのでメヒシバ(雌日芝)の名がついている。

エノコログサ(狗尾草)‥‥ 俗称 ネコジャラシ
イヌビエ(犬稗)

主に水田に生えるタイヌビエやノギ*1 の長いケイヌビエなど稗の仲間を総称してノビエという。

ギョウギシバ(行儀芝)

ja.wikipedia.org 茎は地表を這い、節ごとに葉をつける。茎は非常に丈夫で硬く、断面はやや楕円形をしている。節々から根を出してしっかりと地表に固定し、あちこちで枝を出して広く地表を覆う。茎の表面にはつやがあり、赤みを帯びる。少々踏まれてもつぶれることはない。節ごとに短い枝を出し、やや立ち上がることもある。
葉は節毎に出て、少し葉鞘になって茎を抱え、先端は葉となって細く伸びる。葉の部分は緑色でつやがなく、ほぼ地表と水平に広がるか、少し斜め上に向く。
 茎が水中を這うように生長する「あれ」に違いない。今度、写真を撮ろう...(まりふのひと)

参考サイト

 ググって見つかった参考になるページ。PCに保存すると埋もれるので‥‥

草刈りは、やりすぎに注意-草刈り高が問題雑草の発生に及ぼす影響-(引用:静岡県農林技術研究所)

https://www.agri-exp.pref.shizuoka.jp/suidenpro/pdf/topic04-01.pdf
f:id:ogohnohito:20190708181945j:plain:right:w96 あぜや雑草地の草刈りは、雑草や害虫の発生を抑える上で重要な作業である。ところが、調査してみると草刈りをすることによって、かえって田んぼの害虫である斑点米カメムシが増加してしまう例が見られた。雑草や害虫を抑えるはずの草刈りによって、どうして害虫が増えてしまったのだろうか?

高刈りによるイネ科雑草と斑点米カメム シの抑制(引用:農機具ならアグリズ)

http://www.agriz.net/contents/rich/002/szongk.pdf
 本稿では、草刈りによって斑点米カメムシが増加したメカニズムについて解説するとともに、斑点米カメムシの発生の抑制に有効な草刈りの手法として、「高刈り」の可能性を紹介したい

斑点米カメムシ類の個体数抑制を考慮した畦畔管理技術 - 滋賀県

https://www.pref.shiga.lg.jp/file/attachment/2010426.pdf
 5月上旬の水稲早生品種「コシヒカリ」苗移植の場合, 畦畔雑草の刈り払いでは,7月上旬(イネ出穂期3週間前頃)と7月下旬(イネ出穂期頃)の2回草刈り体系はイネの出穂期前後の6週間にわたって畦畔上のイネ科雑草の出穂を抑制するため, 畦畔上の斑点米カメムシ類の生息個体数が抑制され, 斑点米の発生が低減した。

畦畔・農道の草刈りはカメムシを水田に追い込むか?(引用:農研機構)

https://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/files/tohoku_news09p5.pdf
 以上の結果,草刈りが出穂期14日以前ですと,虫はたとえ水田に追い込まれても定着しません。ところが,出穂期やその21日後ですと,虫が水田に追い込まれ,そこに留まることが判明しました。

お米のカレンダー(引用:全国農業協同組合連合会 宮城県本部)

f:id:ogohnohito:20190708183215j:plain:right:w120www.mg.zennoh.or.jp

  • 自分にとっては「基礎」の絵があった。「月旬」での主な作業の表もあるので、myCollection に pdf で保存した。


*1:穀物の穂先の毛(goo辞書)