どんど焼き櫓(やぐら)の試作2号機

f:id:ogohnohito:20190110175547j:plain:right:w320 日曜日に予定されているどんど焼き
昨日の試作1号機は、強度不足で倒れた
骨格に孟宗竹の一番細い先端部分の 3.6m(2間)を使ったためだ。そこで今日はその下(根元側)の 3.6mを使った。

  • 右の写真は、一番格好よく見える方向から撮った。
  • 先端から 30cm程下がったところを、各竹を麻紐*1 で縛り、4本を緩く何重にも巻いた。
  • 上手く立ったが、麻紐の強度が弱いので切れて倒れるのではないか心配している。
  • 青い細い真竹は扱い易いが、葉っぱが少なくスカスカ。使わない方がいい。

 13時、今日の天気は曇り。しかも 12時~17時は降水確率 20%。
そのせいか、小雨がパラついてきたので、まだ完成していないが、「今日の1枚」を撮って、強度テストも兼ね、このまま放置して帰宅した。

  • 燃やす竹をそのままくべると、ポンポン言うが、いいのかなぁ~

*1:古い麻紐,日光に当たり強度が弱まっているので二重にして使ったが…