稲刈りを終えた彼岸町、台風24号で稲架が飛んだ?


 台風24号山口県をそれて「事なきを得た」と言いたい‥‥ ところだが、24日に 稲架はさ掛けした「彼岸町」に(昨日の夕刻)行って見ると

  • やられたぁ〜〜〜 しかし何か変!? 
  • 仰向けになって足(三脚)を上げ、ピクピクしているよう‥‥(孫が真似しているのを思い出した)
    • なるも、足も折れてはいなかった。飛ばされた?


 今日は8時半から復元作業。

  1. 手前の起き上げっている稲を、乾いたところにかわす。
    • 一人では、とてもじゃないが、稲が掛かったまま稲架の復元はできない...
  2. なる1本分の稲架を復元。
  3. なる1本と三脚、二脚を「なる置場」から運び、2本目の稲架を組む。
  4. 倒れている稲を掛けて‥‥ 3本目のなるを確保‥‥ し、
  5. 3本目の稲架を組む。
  6. 倒れている稲を掛けて‥‥ 4本目のなるを確保‥‥ する。
  7. 4本目の稲架を組む。


 途中から長男も加わり、稲架の復元が終わった。
その後、長男は水没? したバインダーの手入れのため離れ、一人作業‥‥
途中 昼食を含み 2時間の休憩があったが、

16時半、シート掛けを含めて終了した。


 引き続きシルバー前の田んぼに行き、めくれたシートを直し‥‥ 18時半、作業は終了した。
最近になく長時間の立ち仕事で‥‥ 疲れたぁ〜〜〜