LAN-HDD(NAS)につながらず焦ったが、Solomonレビューさんのおかげて立ち直った

 Solomonレビューさんのブログを受信登録(フィード,RSS)している。
2018/04/06の「Windows 10 バージョン1803、NASを切り捨て」の記事が気になって、久しぶりに LAN-HDDの電源を入れ、開こうとした‥‥ ができない。(ドキッ!?

  • このPCは、Windows10 Home バージョンは1709。
  • LAN-HDD(ネットワークHDD、NASナス Network Attached Storage)は、I-O DATA製の HDL2-S2.0で、発売日は2010年 4月下旬。

 エクスプローラーの


「ネットワークの場所」にアイコンは表示されている。そこで右クリック ⇒ プロパティ にあった IPアドレス…\\192.168.1.9…で接続を試みた‥‥ が、開けない。
念のため ping を打ってみた‥‥ が、チャンと返ってくるので、LAN接続は出来ている...


 Solomonレビューさんのブログを読んでゆくと
 普段は使うことは無いのですが、Windows 10では特定の機能がオプションとなっており、必要な場合は「Windowsの機能」からインストールする必要があります。
この画面は、Windows 10 バージョン1709のものですが「SMB 1.0/CIFS」関係が有効になっています
 ところが、Windows 10 バージョン1803 ビルド17133では、このように「SMB 1.0/CIFS」関係が無効になっています。これではNASにアクセスはできません

  1. 自分のPCのWindowsの機能を見る
    1. コンパネ ⇒ プログラムと機能
    2. Windowsの機能の有効化または無効化
    3. SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポート を展開
  2. Solomonレビューさんの画面とチョッと違うが、SMB 1.0/CIFSクライアント にチェックが入っていない。
     そこで、チェックを入れて閉じた。
  3. インストールを待って‥‥
  4. 再起動



 成功! 
ネットワークに LDS が表示された。