よみがえった?耕作放棄直前の我が畑(閑行農園)

 耕作放置化した我が畑(閑行農園)、赤道あかみちを含め草刈りがやっと終わった。
15時過ぎから2時間程度の草刈りだったので一週間掛かった。

Before(7月23日)After(7月31日)


 唯一の野菜であるミニトマトも終わりを迎えた。
何時植えたか‥‥ ブログを検索してもヒットしない...

で、家計簿を検索したら

  • 4月15日に、ナフコで 59円/本で購入していた。
  • 植えたのはその翌日だろう。
  • 今日も畑に出たご褒美に3〜4ヶつまみ食いした。



 これは 10年位前、竹炭の師匠にもらったアピオス
栽培していた訳ではなく、土の中に放置してあったものを今年は一列に並べてみたもの。簡単なので(たぶん)、

  • アピオス(ほど芋)の栽培方法アピオス(ほど芋)販売ネット)より抜粋
    • アピオスの定植時期は基本的には春で、5月いっぱいをメド*1 にします。
       ただ種芋の保存がなかなか難しいので、11月以降芽が出ない様に早めに植えて越冬させてしまった方が良いです。アンデス原産で極めて高い耐寒性があります。
    • アピオス乾燥に弱いので、日照りが続く時は水やりをしてください。敷き草を厚めに敷けると良いでしょう。
    • アピオスは豆科の植物で、根粒菌が窒素を固定しますので、あまり多くの肥料を必要としません。
      施肥はエンドウマメなどと同程度で良いでしょう。
    • だいたい11月の中旬以降に,食べる分だけ収穫をします。もう少し早くツルが枯れるかもしれませんが、しばらく経ってから食べた方が食味が増します。
    • 土の中にそのまま入れておけば、春まで置いておくことが出来ます。春になると芽が出ますのでお気を付け下さい。
    • アピオス自体に連作障害はありませんので、ずっと同じ場所でアピオスを植えることには問題がありませんが、翌年他の野菜を植えてもアピオスが出てくることがあります。

*1:種芋の場合、植える時期は3月が良い(BARBER=HIDEのブログ