特定健康診査結果の血液検査(貧血検査)結果に思う

 6月6日に受けた「特定健康診査」の結果が、11日付で田布施町健康保険課から届いた。
   

    • 検査分野別判定は何れも「正常」だったが、
    • 貧血検査の「赤血球数」「血色素量」「ヘマトクリット値」が何れも L(基準値より低い)


 今朝は歯の治療を受けたが後、高血圧の薬をもらいに新谷医院に行ったら、血液検査の結果を説明してくれた。

  • 心配することはないでしょう

と、特にアドバイスも何もなかった。



 気になることがあり、帰宅してインターネットを検索した。

項目基準値(男性)基準値(女性)目標値
赤血球数(万/μℓ)400〜540380〜490400〜450
ヘモグロビン(g/dℓ)13〜1711〜1512〜15
ヘマトクリット値(%)38〜5234〜4538〜43



  • MCV、MCH、MCHC(赤血球恒数)(よくわかる・健診・人間ドックガイド)
     赤血球恒数の評価は、貧血があると判断された場合に行われるものです。赤血球数・ヘモグロビン・ヘマトクリットの検査データから、赤血球の平均的な大きさ(MCV)、赤血球1個あたりの平均ヘモグロビン量(MCH)、赤血球中の平均ヘモグロビン濃度(MCHC)を算出。その数値から、どんな種類の貧血が疑われるかを判断します。
    • 赤血球恒数は何れも基準値内にある。
≪今日の結論≫
  1. 赤血球数〜ヘマトクリット値は確かに男性の基準値より低い。しかし、女性の基準値内である!
     ということは、前立腺がんのホルモン療法で、女性に近づいてきている=治療の効果が出ているのだろう‥‥ と、変に安心した。
  2. 新谷先生は赤血球恒数が基準値内なので「心配することはないでしょう」とされたのであろう。
     まさかホルモン療法の影響‥‥ とは考えてもいないだろう。