田起こし前の田んぼのキワ刈り・溝浚えの最後はのうぐろを

 田起こし前の田んぼのキワ刈り・溝浚いを 4月21日より始めた。
googleカレンダーで調べると 10日間掛けていた。人は「掛け過ぎ」と言うかも知れない...
仕上げは「のうぐろ

  • 1代目のうぐろ(右図の手前)、下部は、今朝方の雨のせいもあったと思うが、湿っているのが目に見えて判る。
  • 畑に運ぶため、ほどほどに乾いている藁を取った。
  • 残りが4段ほどになったら、
    半分 湿気ている。
  • 覚悟はしていたが、畑に返すチャンス‥‥
    • 一番下は麻紐も朽ちていた。

130束ほどを「わが子を戦地に送る思い」で畑に運び、止めている麻紐を切って撒いた。


 竹で上げ底に出来ないか? 竹はなんぼでもあるし‥‥
柱だけになった1代目のうぐろを眺めながら、しばらく迷想していた。

  • 水平にすると水が流れないので効果は薄いであろう。
  • 番傘のように竹を置く方法がないだろうか...