「麻里府発」を新しいウィンドウで開くショートカット作成に手間取ったが、収穫もあった

 Windows7の頃から「麻里府発」を新しいウィンドウで開くショートカットをタスクバーに置いている。
マルチウィンドウにしている関係もあり、非常に便利がいいからだ...
 今回、Anniversary Updateをクリーンインストールしたので、次の方法で作成した。

  1. スタート⇒W⇒Windowsアクセサリ
  2. Internet Explorerを右クリック⇒その他⇒ファイルの場所を開く
  3. Internet Explorer(ショートカット)をデスクトップにコピペ
  4. デスクトップに出来たショートカットアイコン(右図)を
    1. 右クリック⇒プロパティ
    2. リンク先を下記のように変更(追加)した。
      • ①:変更しない。
      • ②:“-new” を追記する。(起動時のスイッチ…新しいプロセスでインターネットエクスプローラを開く)
      • ③:“http://www.ne.jp/asahi/yamaguchi/marifuhatsu/” を追記する。(麻里府発の URL)
      • ①と②、②と③の間は、半角スペースを入れる。
    3. アイコンを自製の に変更。
    4. [OK]で閉じる。
  5. ファイル名を“麻里府発” に変更して、閉じる。



≪動作確認≫
  1. デスクトップの起動アイコンで動作確認したが、思いどおりに動作した。
  2. タスクバーにピン留め。
  3. タスクバーの[麻里府発]をクリックすると‥‥ 麻里府発のアイコンが麻里府発のボタンに変わってしまう‥‥ 動作がおかしい...
  4. デスクトップ機(Windows7を Windows10に上げた)のショートカットのプロパティと比べる‥‥ と、まったく同じ。何故だろう‥‥ で、一日放置。

  5. デスクトップ機と違うところは‥‥
     そういえば、規定のアプリは、まだ変えていないが...
  6. スタート⇒設定⇒システム⇒既定のアプリ で、Webブラウザーを Internet Explorer に変更。
  7. 正常?(思いどおり)に動作しだした 


≪ググった収穫≫
  • なぜかヘルプには記載されていない、IEの便利なショートカット・キー(@IT 2002/03/26 更新)
     そんな秘技と呼べるかどうか、少なくともヘルプ・ファイルには説明されていない便利な Internet Explorer(以下IE)のキーボード・ショートカットを2つご紹介しよう。すでにご存じの向きはご容赦を。
    1. 元のウィンドウを残したまま、リンクを新しいウィンドウとして開く――[Shift]キー+クリック
    2. ページ・スクロール、逆スクロールはどう操作していますか? ――[Space]、[Shift]+[Space]
    • IE11でも使えることを確認した。
    • 特に 1. は、タスクバーの(起動している)IE のボタンを Shift+クリックすると、新しいウィドウで IE が起動することが判った。