Outlook2013メールのThunderbird移行、一筋縄では行かなかった

 Windows10上で、Outlook2013のメールを Thunderbirdへの移行、Thunderbirdのメニューにあるので簡単に出来ると‥‥ と思ったが、どっこい、そうはいかなかった。


§1.Thunderbird(ver.45.2.0)で
  1. Thunderbirdを起動し、
  2. [ツール]メニュー ⇒[設定とデータのインポート]と進め、
  3. 8メールボックスを選択し、[次へ]進むと、インポート元のファイル形式を選択してください
    Eudora
    Outlook
    Outlook Express
    が出たのでシメシメ。
  4. Outlook」を選択し[次へ]進む‥‥ が、ボタンがグレイアウトされる...
  5. 何気なくメニューの「Outlook」をポイントしたら、
    Currently disable due to bug 1175055 と表示された...
     メニューをよく見ると、「Eudora」「Outlook」はグレイアウトされていたぁ〜〜〜
§2.“Currently disabled due to bug 1175055” でググる‥‥

 が、ヒットしない。Thunderbird掲示板を片っ端から“outlook”で Ctrl+F し、8ページ目にあった件名

  • Outlookからのインポートで毎回決まった個所でフリーズする」の回答
     こういった時の常套手段。普通にインポート、はあきらめる。
    代替としては、
    1. OutlookGmail Imap にアップロード ⇒ ThunderbirdGmail IMAP にアクセス。
    2. Outlook からの「エクスポート」の形式を変える。たとえば、emlファイル。
    3. MSの、もっと性質のいいメーラーを経由して、インポート。
       以前ですと、Outlook Express経由、で逃げるのが普通でしたが、今だと、Windowsメール、になるのかな。
    などがあります。
§3.Windows Live Mail2012 をインストールして、Outlookのメールをインポート‥‥
  1. Windows Live Mail2012をインストール
    • 何故か親切? にもログインアカウントの hotmail.com が登録されていた。
  2. [ファイル]⇒[メッセージのインポート]と進める。
  3. 「プログラムの選択」に
    Outlook」が見つからない...
  • [キャンセル]して閉じる。

 Outlookのメールはインポートできそうもない。「失敗」ということになる。

§4.“Outlook2013 eml形式 書き出す” でググる‥‥
  1. Outlook から .eml でメールをエクスポートする(cles::blog)
     Outlook のエクスポートファイルは .eml だと思っていたのですが、これは Outlook Express の話だったのですね。
    .msg の中身をいじくるのはちょっと骨が折れそうだったので、Outlook Export Tool という Outlook のデータを直接 .eml として保存できるツールを使ってエクスポートしてみました。文字コードが強制的に ISO-2022-JP になるところには注意が必要ですがそれ以外は問題なさそうです。
  2. 作者の山本隆さんのWebページより Outlook Express Tool の最新版をダウンロード
    簡単な使い方
    1. OutlookExportToolを起動します。
    2. エクスポートするメールのあるフォルダを選択します。
    3. エクスポートするメールをチェックします。
    4. 「選択したフォルダをエクスポート」ボタンまたは「サブフォルダも含めてエクスポート」ボタンを押します。
    5. エクスポートするファイルの形式を選択して、「OK」ボタンを押します。
    6. エクスポートする条件を選択して、「OK」ボタンを押します。
  3. Add-ons for Thunderbird より「ImportExportTools」をダウンロードする。(まりふのひと 2016.08.11のブログ「Windows7のWindowsLiveメールをWindows10のThunderbirdに移行」の§1-3. と同じ)
§5.Outlook2013 のメールデータを eml形式で出力する

 Outlook2013のメールデータは、予め「個人用Outlookデータファイル」の下に「移行用」として保存してある。

  1. OutlookExportToolを起動する。
    • Outlook2013が起動し、【Outlook Export Tool】が開く。
  2. 「移行用」フォルダーを選択し、
  3. [サブフォルダも含めてエクスポート]をクリックする。
  4. エクスポート形式は、8eml形式 添付ファイルなし を選択し、[OK]。
  5. 桁数は “4” とした。
    保存先は、D:\Backup\Outlook\eml形式とし、[OK]。
  6. エクスポートが終了した。
§6.Thunderbirdに eml形式メールをインポートする
  1. Thunderbirdを起動する。
  2. 「ローカルフォルダ」を右クリック ⇒[新しいフォルダ]をクリックする。
  3. Outlookのメール” フォルダを作成する。
  4. Outlookのメール」フォルダを選択し、
  5. [ツール]メニュー ⇒[InportExportTools]⇒[フォルダからすべてのemlファイルをインポート]⇒[サブフォルダーも含む]をクリックする。
  6. D:\Backup\Outlook\eml形式 を選択し、[フォルダの選択]をクリックする。

 成功 !!!


 後はアドレス帳だ...