デスクトップ機をフルスキャンしたら‥‥ Trojan:Win32/Giframe.A(トロイの木馬)が検出された


 Windows10のデスクトップ機、Windows10に上げて初めて WindowsDefender でフルスキャンした‥‥ ら、Trojan:Win32/Giframe.A,カテゴリ:トロイの木馬 が検出された...


 更に履歴を見ると、

次のエラーが発生しました:エラーコード 0x80508023。

このコンピュータでは、マルウェアやその他の
望ましくない可能性のあるソフトウェアは
見つかりせんでした。

後半の記述
「望ましくない可能性のあるソフトウェアは見つかりせんでした」
が救い‥‥

 “Trojan:Win32/Giframe.A” でググると‥‥


 と云うことで、「Windows Defender の過検出」と、自分に都合のよいように解釈した...
と言っても安心できないので、再度、Windows Defender でフルスキャンを実施‥‥ 今度は何も発見されなかった。これで安心かな?


 考えられる原因は、

  • ネットサーフィン中に広告をクリックしたことぐらい...

で、ふと気が付いた。Windows10 では Windows Defender が自動起動しているはず

なのに、リアルタイムでチェックされず、フルスキャンでチェックされるとはこれ如何に? ゼロデイだったの?


 振り返ると、Windows10にアップしたといっても Classic Shell で Windows7風にして使っていた。
ここに油断があったのかも‥‥ で、

  1. 急遽、Classic Shell をアンインストール
  2. 通知領域を見ても‥‥ Windows Defender は起動していないようだ。(アイコンが無い)
  3. で、マニュアルで起動し、アイコンを通知領域に出すようにし、
  4. 暫くは目視検査し、Windows Defender が起動していなければ、手動で起動することにする...


 古いしきたりにこだわっている‥‥ と、反省♪