畑に捕られた軽トラの奪回に成功

今日のMAPS-TPを15時半に「早退」し、昨日、畑に(作った道に)捕られた軽トラの奪回に向かった。

  1. 台風が近づいているというのに、朝から雨が降らない。
    おまけに陽が射す状態。今日ばかりはお天道様が見方をしてくれた。
  2. 16時、公民館を早退して帰宅。
     作業着に着替え、昨日、大島商会から借りたワイヤーロープを持って畑へ出る。
  3. 隣の畑のAさんが居られたので、事情を話したら、古い板を数枚準備してくれた。
  4. そこへハゼの実ロウ復活委員会のHさんが、突然来られた。
     何かと思ったら、8月のイベントの準備の件。「今、チョッと手が出せない」と言ったら、手伝ってくれた。
  5. 16時半頃、昨日お願いしていたTさん方へ、「小型ユンボ出動」のお願いに行く。
  6. ユンボが到着。
     ワイヤーロープが長過ぎるので「二重にしよう」ということになり、もたもたしていたら、Hさんが「どきぃ〜 俺がやってやる」と‥‥
  7. Aさん、Hさんとユンボを操作するTさん声を出し合い、アッというまに軽トラを引き出す。
     自分は言われるままに行動しただけ。こういう場では、当事者は何もできないことを実感した。
  8. ユンボか帰ったら、Aさんが「早く軽トラを出して、足回りを洗いぃ!」 「ハイハイ」
  9. 自宅に戻り、Hさんとイベントの打ち合わせを行って別れる。
  10. 17時半、軽トラの足回りを洗い終える。

  11. 「Tさんにお礼をしなくては‥‥」と、走行を兼ねて買い物に出た、特に異常は感じなかった。
  12. 18時過ぎに帰宅。昨日借りた代車? を、大島商会に返した。


ハァ〜〜〜 疲れたけど 良かったぁ〜
手伝ってくれた皆さんと、お天道様に感謝!