ペイント/選択して[サイズ変更]してもキャンバスの大きさは変わらない

みつばちまーやさんのブログにあった質問。

 疑問(写真のサイズ変更)に思う 教えて頂けますか

  • 写真をペイントで開く、サイズの変更、 幅800pxにする
  • ペイントで開いた後、写真を「選択(すべて選択 )」してサイズの変更をすると大きい台紙に小さい写真が貼り付く

 両者の違いはどうして? 写真を選択しても同じかと思ったのですが...
迷惑な質問ですみません、心に引っかかっていますのでお願いします。


 回答
結論は、

  • 選択する/しない では[サイズ変更]の機能が違います。
  • その違いは、みつばちまーやさんが経験したとおりで、「選択した範囲がサイズ変更される」です。


試行1

  1. サンプルピクチャの「ペンギン」をペイントで開くと、

    • 開いた直後は選択されていない
    • キャンバスの大きさは 1024×768px.になっている。

  2. 長辺を 800px.に[サイズ変更]すると、

    • キャンバスの大きさは 800×600px.になる。

試行2

  1. ペンギンをペイントに貼り付ける。
    例えば、
    1. ペンギンを右クリック ⇒ [プログラムから開く]⇒[ペイント]をクリックする。
    2. 全て選択し(Ctrl+A)し、コピーする(Ctrl+C)。
    3. ペイントを閉じる。(保存しないこと!)
    4. ペイントを起動する。
    5. キャンバスを小さくして、貼り付ける(Ctrl+V)。

      • 選択状態になっている。
      • キャンバスのサイズは 1024×768px.。

  2. このまま(選択状態のまま)長辺を 800px.に[サイズ変更]すると、

    • 選択範囲が[サイズ変更]される
    • キャンバスの大きさは 1024×768px.のまま。

応用

この機能を使ったのが、「Windows7のペイントでモザイクを掛ける」。お試しあれ...

(このページを作るのに2時間要した。手順を作るのは大変なのに、何故、作るのか? それは Webで質問があるからだ...