68th(c)昭輔窯 ほぼ上出来であった(自己満足)

前回(67th)の出来は良くなかったので、3月31日に焼いた前々回(66th)と比較した。


前々回(66th)今回(68th)

均一に焼け落ちているが、焼き過ぎており、
頭部がまともな竹炭は少なかった。

焼け落ち量が多いと感じたが、
ムラ(内窯の上端より25〜30cm)は少なかった。

均一に焼けていて、完璧?

前々回には負けるがよかった。
煙の流れを変えるレンガの置忘れが
響いたか...

バラツキは小さく良好。


 考察

  1. 焚口から煙が上がる場所に、煙の流れが焚口側多く行くようにレンガを置くのを忘れてた。これが66thに比べ精錬度に差が出たか。
  2. 精錬度が3を超える付近(焚口側の外側)は「屑」とした。