デジタルカメラの「マクロモード」の疑問が解けた‥‥ かも

昔々、フィルムカメラの一眼レフを持っていた頃、ズームレンズは高いし暗いので、標準レンズ以外に「マクロ」と「望遠」を持っていた。それが今、コンパクトデジタルカメラコンデジ)でもレンズ1本で「マクロ」が使える‥‥ のが、不思議であった。

  • マクロモードの原理デジタルカメラ - 教えて!goo
    No.1 回答者:epkakpe

     レンズには「焦点距離」があります。
    被写体をカメラで撮る際、光の束がレンズ群を通り、最終的に凸レンズによって1点に集中します。
    その後、光はその点から広がりを見せ、ある特定の焦点が合った距離に左右上下逆になって実像を結びます。この点から焦点までの距離が焦点距離です。

     フイルムカメラの標準レンズと呼ばれる物は、この焦点であるフィルム画面の対角線の長さの事を言い、銀塩の35mmフィルムであれば対角線43mmがこれに当たります

     一方、デジタルカメラでは、原理は同じなのですが、形態が違います。
    それは、フィルムにあたる受光素子「CCD」が非常に小さく、対角線の長さ、つまりは標準の焦点距離が4mmとか7mmと行った具合に極端に短くなっているからです。
    焦点距離が短いと言うのはマクロ撮影に向いており、このような事からデジタルカメラは「マクロに強いカメラである」と言われる所以です。

     このような理由により、デジタルカメラには標準で「マクロモード」が備わっており、機種によっては被写体まで1〜2センチと言った脅威的な接写が可能で、オートフォーカスまでも追従してくれます。
    No.2 回答者:ikkyu3

     マクロモードとは、ご存知のように0.8mや0.5mなど以下の近接撮影のことですが、実効的なレンズと像面との距離を長くする(レンズの合成焦点距離を短くする)と近くまでフォーカスを合わせることが出来ます

     一般にマクロ域専用として切り替えているのは、焦点の変化範囲ではなく、オートフォーカスのジャストフォーカスを探す範囲です。

     一眼レフタイプを除きデジカメのオートフォーカスの原理は被写体の画像を CCD 板上に投影し、フォーカスレンズを前後に駆動させ CCD 各セルの相互間の起電力の差の最大点がジャストフォーカス点とみなすコントラスト方式です。
    これはCCDが有るから出来ることで別のフォーカス専用部品を必要としない省コストな方法ですが、前後に動かすので遅いという欠点があります。

     ここで、切り替えなくても全範囲を駆動すれば、近くも遠くもフォーカスは合わせられるのですが、全体を範囲とすると時間がかかり、オートフォーカスが遅いということになります。
    そこで、マクロと一般の撮影のときのフォーカスレンズ駆動範囲を二つに分けて狭くし、動かす時間を短くて済むようにしています
    ジャストフォーカスを探す範囲を狭くしています。

     比較的にスピードの速いものでは、切り替えが不要のものもあります。

     フィルムのコンパクトカメラでは、CCDはありませんから、測距専用の速度の速い位相差検出とかレンジファインダ方式のユニットを使用していますから切り替えのあるものは、少なかったものです。

  • 35mm判換算焦点距離の求め方Wikipedia
     レンズの画角は、その焦点距離とフィルムのサイズ(デジタルカメラは、イメージセンサーのサイズ)の大きさによって決定される。35mm判以外のフォーマットのレンズの画角を把握するのに、35mm判のレンズの焦点距離に換算した方が理解しやすいことが多いため「35mm判換算焦点距離」が用いられる。
     フィルムカメラでもオリンパス・ペンFのようなハーフ判カメラや中判カメラでもしばしばこの概念が用いられてきたが、特にデジタルカメラの普及により、35mm判ユーザーが35mmフルサイズ以外のデジタル一眼レフカメラのレンズの画角を把握するために、「35mm判換算焦点距離」が頻繁に用いられるようになってきた。
     その理由は、APS-Hサイズ・APS-Cサイズ・フォーサーズシステム(マイクロフォーサーズシステム)のデジタル一眼レフカメライメージセンサーの大きさは、35mm判よりも小さく、また標準化[1]されていないため、同じ焦点距離でもフォーマットごとに画角が異なることにある。このため、従来35mm判のレンズに慣れていた多くのユーザーは焦点距離から画角を感覚的に把握していたが、これが困難になり、35mm判の業界基準である換算焦点距離50mmのレンズを「標準レンズ」とし、同35mm以下のレンズを「広角レンズ」、同85mm以上のレンズを「望遠レンズ」とする分類も通用しなくなる。このため画角の指標として「35mm判換算焦点距離」が併記されることとなってきた...


上記を受けて、

  1. 三脚でカメラを据え、
  2. 通常モードとマクロモードで撮影、
  3. ExifReader で Exif 情報を[テキスト形式で保存]。
  4. Excel につなぎ、(マクロ作成を含む)
  5. Word で「はてな形式」に変換した。
    • Unknown 情報で、情報が長いものは省略した。

オートモードマクロモードNo.相違
ファイル名 : IMG_9436.JPGファイル名 : IMG_9437.JPG1×
Exif : ExifExif : Exif2
▼メイン情報▼メイン情報3
メーカー名 : Canonメーカー名 : Canon4
機種 : Canon IXY DIGITAL 800 IS機種 : Canon IXY DIGITAL 800 IS5
画像方向 : 左上画像方向 : 左上6
幅の解像度 : 180/1幅の解像度 : 180/17
高さの解像度 : 180/1高さの解像度 : 180/18
解像度単位 : インチ解像度単位 : インチ9
変更日時 : 2013:05:18 13:05:29変更日時 : 2013:05:18 13:05:3910×
YCbCrPositioning : 中心YCbCrPositioning : 中心11
Exif情報オフセット : 196Exif情報オフセット : 19612
▼サブ情報▼サブ情報13
露出時間 : 1/60秒露出時間 : 1/60秒14
レンズF値 : F2.8レンズF値 : F2.815
Exifバージョン : 0220Exifバージョン : 022016
オリジナル撮影日時 : 2013:05:18 13:05:29オリジナル撮影日時 : 2013:05:18 13:05:3917×
デジタル化日時 : 2013:05:18 13:05:29デジタル化日時 : 2013:05:18 13:05:3918×
コンポーネントの意味 : YCbCrコンポーネントの意味 : YCbCr19
画像圧縮率 : 3/1 (bit/pixel)画像圧縮率 : 3/1 (bit/pixel)20
シャッタースピード : 1/60秒シャッタースピード : 1/60秒21
レンズ絞り値 : F2.8レンズ絞り値 : F2.822
露光補正量 : EV0.0露光補正量 : EV0.023
開放F値 : F2.8開放F値 : F2.824
自動露出測光モード : 分割測光自動露出測光モード : 分割測光25
フラッシュ : オフ(自動)フラッシュ : オフ(自動)26
レンズの焦点距離 : 5.80(mm)レンズの焦点距離 : 5.80(mm)27
カメラの内部情報 : Canon Format : 1882Bytes (Offset:678)カメラの内部情報 : Canon Format : 1882Bytes (Offset:678)28
ユーザーコメント :ユーザーコメント :29
FlashPixのバージョン : 0100FlashPixのバージョン : 010030
色空間情報 : sRGB色空間情報 : sRGB31
画像幅 : 1600画像幅 : 160032
画像高さ : 1200画像高さ : 120033
ExifR98拡張情報 : 2824ExifR98拡張情報 : 282434
CCD画素密度(X) : 1600000/225CCD画素密度(X) : 1600000/22535
CCD画素密度(Y) : 1200000/169CCD画素密度(Y) : 1200000/16936
画素密度の単位 : インチ画素密度の単位 : インチ37
イメージセンサー方式 : 1チップカラーエリアセンサーイメージセンサー方式 : 1チップカラーエリアセンサー38
ファイルソース : DSCファイルソース : DSC39
カスタム画像処理 : 通常処理カスタム画像処理 : 通常処理40
撮影モード : オート撮影モード : オート41
ホワイトバランスモード : オートホワイトバランスモード : オート42
デジタルズーム : 2816/2816デジタルズーム : 2816/281643
シーン撮影タイプ : 標準シーン撮影タイプ : 標準44
▼メーカー独自情報▼メーカー独自情報45
Unknown (0001) : (省略)Unknown (0001) : (省略)46×
マクロモード : オフマクロモード : オン47×
セルフタイマ : オフセルフタイマ : オフ48
圧縮率 : ファイン圧縮率 : ファイン49
フラッシュモード : 自動フラッシュモード : 自動50
ドライブモード : 1コマ撮影ドライブモード : 1コマ撮影51
フォーカスモード : シングルフォーカスフォーカスモード : シングルフォーカス52
画像サイズ : MEDIUM2画像サイズ : MEDIUM253
イメージセレクトモード : フルオートイメージセレクトモード : フルオート54
デジタルズーム : オフデジタルズーム : オフ55
コントラスト : 標準コントラスト : 標準56
彩度 : 標準彩度 : 標準57
シャープネス : 標準シャープネス : 標準58
CCD感度 : AUTOCCD感度 : AUTO59
測光方式 : 評価測光測光方式 : 評価測光60
フォーカスタイプ : オートフォーカスタイプ : マクロ61×
AFポイント選択 : Unknown (16385)AFポイント選択 : Unknown (16385)62
露出制御モード : イメージセレクト露出制御モード : イメージセレクト63
レンズ焦点距離 : 5.8-23.2(mm)レンズ焦点距離 : 5.8-23.2(mm)64
長秒時設定 : オフ長秒時設定 : オフ65
Unknown (0002)3,4 : 2,5800,230,173Unknown (0002)3,4 : 2,5800,230,17366
Unknown (0003)3,4 : 0,0,0,0Unknown (0003)3,4 : 0,0,0,067
Unknown (0004) : (省略)Unknown (0004) : (省略)68×
ホワイトバランス設定 : オートホワイトバランス設定 : オート69
連続撮影時の連番 : 0連続撮影時の連番 : 070
フラッシュ発光強度補正 : 0 EVフラッシュ発光強度補正 : 0 EV71
Unknown (0000)3,6 : 0,0,0,0,0,0Unknown (0000)3,6 : 0,0,0,0,0,072
イメージの種類 : IMG:IXYDIGITAL800ISJPEGイメージの種類 : IMG:IXYDIGITAL800ISJPEG73
ファームウェア : FirmwareVersion1.00ファームウェア : FirmwareVersion1.0074
ファイル番号 : 2619436ファイル番号 : 261943775×
所有者名 :所有者名 :76
Unknown (000D)4,104 : (省略)Unknown (000D)4,104 : (省略)77×
Unknown (0010)4,1 : 26476544Unknown (0010)4,1 : 2647654478
Unknown (0000)3,9 : 0,0,0,0,0,0,0,0,0Unknown (0000)3,9 : 0,0,0,0,0,0,0,0,079
Unknown (0012)3,28 : Offset:1646Unknown (0012)3,28 : Offset:164680
Unknown (0013)3,4 : Offset:1702Unknown (0013)3,4 : Offset:170281
Unknown (0018)1,256 : 0Unknown (0018)1,256 : 082
Unknown (0019)3,1 : 1Unknown (0019)3,1 : 183
Unknown (001C)3,1 : 0Unknown (001C)3,1 : 084
Unknown (001D)3,16 : (省略)Unknown (001D)3,16 : (省略)85
Unknown (001E)4,1 : 16777728Unknown (001E)4,1 : 1677772886
Unknown (001F)3,69 : (省略)Unknown (001F)3,69 : (省略)87
Unknown (0022)3,208 : Offset:2136Unknown (0022)3,208 : Offset:213688
▼ExifR98情報▼ExifR98情報89
互換性識別子 : R98互換性識別子 : R9890
バージョン : 0100バージョン : 010091
Unknown (4097) : 1600Unknown (4097) : 160092
Unknown (4098) : 1200Unknown (4098) : 120093
▼サムネイル情報▼サムネイル情報94
圧縮の種類 : OLDJPEG圧縮の種類 : OLDJPEG95
幅の解像度 : 180/1幅の解像度 : 180/196
高さの解像度 : 180/1高さの解像度 : 180/197
解像度単位 : インチ解像度単位 : インチ98
JPEGInterchangeFormat : 5108JPEGInterchangeFormat : 510899
JPEGInterchangeFormatLength : 4830JPEGInterchangeFormatLength : 4852100×


その結果、マクロモード オン/オフ で Exif情報の違いは、見当たらなかった
但し、Unknown 情報を除く。