64th(b)竹炭作り、前回並みの8時間を要したが上手く焼けたと思う

  1. 竹の詰め込み方、基本的にはこれまでと同じ
     但し、今回は底のダミー材を3段階(8cm、12cm、16cm)に変えようとしたが、写真のように明確には出来なかった。
  2. 今回もイチジクを剪定した枝(1〜2cmφ)を使用した。


62th 63th 今回 状況
0゜00′ 0゜00′ 0゜00′ 07:08 着火。
0゜15' 0゜35' 0゜18' (継ぎ足す前の)煙突から煙が出だす。
0゜30′ 0゜40′ 0゜23′ 笹を入れた煙突を継ぎ足す。
0゜40′ 0゜45′ 0゜35′ 竹酢液採液開始
  ‥‥ ‥‥  
3゜05' 3゜30' 3゜15' チョッと匂う。
  3゜45' 3゜30' 煙の量が多くなる。
3゜15′ 4゜03′ 4゜10′ 焚き止め。空気孔用に単管2本追加(計3本)。
置き薪は、斧で割った焚口一杯に詰めた。
3゜30′ 4゜17′ 4゜30′ 竹酢液採取中止。意識的に遅らせた。
3゜50′ 4゜45′ 4゜35′ 空気孔の単管2本のうち1本を塞ぐ。
3゜55′ 4゜50′ 4゜50′ 昼食へ。
  ‥‥ ‥‥  
5゜00′ 5゜33′ 5゜30′ 昼食から戻る。風が結構強い。
6゜15' 6゜15' 6゜15' 状況変わらず...
7゜05' 7゜00' 7゜00' まだまだの感じ。
  7゜45 7゜15 煙の青味が増した?
  8゜00 7゜30 煙が透明になりかける...
  8゜15 7゜40 煙がだいぶ透明になった。
7゜24′ 8゜22′ 7゜58′ 内煙筒に赤いリングが見えたのでねらし開始。
置き薪は完全に燃え尽きていた。
7゜30′ 8゜32′ 8゜08′ ねらし終了。(10分間)
内煙筒を塞ぐ時には炎が出ていた。



 終わって...

  1. 竹酢液は推定8ℓ以上採取できた。
    • 過去最高の記録。
  2. 前回に引き続き、イチジクを剪定した枝を薪に使った。
    • 結果として「ゆっくり燃やす」こととなり、竹酢液が多量に採れたのであろう。
       イチジクの成分が入っているかも?
  3. 予定の終了時刻より遅れたので、「どらちゃん」がねらしの直前から立会された。