集会所裏の伐採竹チップのくん炭化第2回目

  • 05:00 着火
  • 05:15 朝焼けが美しい(右図)

  • 05:50 順調に燃える...

  • 10:00 やっと上が焦げだす。

  • 14:00 焦げだすと、急に進む感じがする。
    かき混ぜて均す...

  • 15:00 着火から 10時間後。
    目を離せなくなる。

  • 16:00 混ぜて、混ぜて、また混ぜて‥‥

  • 16:05 終わりに近くなって、
    なんと消防車が入ってきたぁ〜

     団地の中で何かあったのだろうか?
    と思ったら、なんと、団員がこちらに向かって来るではないか‥‥

「煙が見えたので来ました」
 「火事が多いので気をつけてください」
 「ところで、何をされているのですか?」
事情を説明したら、「お騒がせしました」と言って帰られた。(ホッ)
後で思うに、「類焼しないようブロックで囲っていた」 「軽トラに水タンクを積んでいた」ことが安心感を与えたかも...

  • 16:10 去ってゆく消防車...

  • 16:30 いよいよ最終章...

  • 16:40 くん炭器を外した。
  • 17:00 水をしっかり掛けて帰宅。
  • 20:00 平生の花火を見に行く前に温度を確認。触れる程度であったので「問題なし」とした。

編集後記

  • 今回は燃えるゴミ袋で8袋程度の竹チップを使ったが、時間は 12時間で終わった。
  • 着火時にしっかり燃やしたせいかも知れない。前回より竹チップの量が多いのに、所要時間は変わらなかった。「そんなもんかなぁ〜」という感想。
  • 消防車が来たのは想定外ッ!
    水タンクを置いてあったことが安心感を与えた可能性がある。教訓になった。