Windows7 に搭載されている「アクセサリ」ソフト

気になる記事を見つけた。

次期 WindowsWindows 7”で標準搭載ソフトはどう変わる?
Windows 7”日本語ベータ版に搭載された“アクセサリ”ソフト群を検証
窓の杜 - 【特集】(09/01/15)

■目次

  1. 本格的なお絵かきツールとして生まれ変わった「ペイント」
  2. Microsoft Office 2007」「OpenOffice.org」文書に対応した「ワードパッド」
  3. 単位変換や日付計算、燃費・ローンの計算もできる多機能な「電卓」
  4. サイドバーガジェットから単体のアプリケーションに生まれ変わった「付箋」
  5. 初級者だけでなく上級者の要望にも応えるべく機能拡張されたシステムツール
  6. 地味ながら着実な改良が施された操作補助系ソフト
  7. 変わらない「コマンドプロンプト」と「メモ帳」
  8. Vistaに搭載されていたメールソフトや画像管理ソフトは非搭載に


気になった部分は‥‥

●「Microsoft Office 2007」「OpenOffice.org」文書に対応した「ワードパッド」
 簡易ワープロソフト「ワードパッド」も、大きな変貌を遂げた。ユーザーインターフェイス「ペイント」同様に“リボン”方式に変更され、「Microsoft Office 2007」風の操作感で扱えるようになったほか、編集機能も充実している。
 一番大きな改良はこれまでのRTF/TXT形式に加え、「Microsoft Office 2007」のDOCX形式や「OpenOffice.org」などで採用されているODT形式に対応したこと。これにより、DOCX/ODT文書のビューワーとして利用できるようになったほか、既存文書のちょっとした編集などもこなせるようになった。
 また、文字装飾に“下付き文字”“上付き文字”が追加されたほか、“箇条書き”ツールを利用した際に文頭へ付加する記号として、従来の黒丸に加えて数字やアルファベット、ローマ数字を利用できるようになった。さらに、行間を4段階で切り替え可能。
 そのほか、“フォント選択”プルダウンメニューからフォントの設定画面を呼び出し、フォントの削除などの設定も可能になっている。

パソコン同好会では「メモ帳」を使って入力の練習を行なっていたが、Windows7 では“リボン”方式 と言うのが気になるが、「ワードパット」の方がいいかも...

Vistaに搭載されていたメールソフトや画像管理ソフトは非搭載に
 最後に、Windows Vistaには搭載されていたのに、Windows 7では削除されてしまったソフトを紹介しよう。「Windows メール」「Windows フォトギャラリー」「Windows ムービーメーカー」の3つだ。とくに「Windows メール」が添付されなくなったのは大きく、Windows 7には初期状態でメールソフトがないということになる。
 マイクロソフトは代替ソフトとして、“Windows Live”サービスとの連携を重視したより高機能な「Windows Live メール」「Windows Live フォトギャラリー」「Windows Live ムービーメーカー Beta」を公開しており、別途ダウンロードして無料で利用可能。