平成21年10月からの麻里府パソコン同好会について(案)

各組長さんは7月分の公民館使用料を払う時に、「公民館施設使用料の計算方法の統一について(お知らせ)」をもらっていると思います。この件に関し、公民館(社会教育課)と話した結果、

  • 9月分は従来どおりの料金とする。
  • 10月からは予約時間を変更する

という「条件闘争」に移行することにします。つきまして、下記を提案しますので、検討してください。

10月からの講座時間

「1時間45分の休憩なし」とする。

  1. 10:00〜11:45(B組およびS組) ‥‥ 現在は 09:30〜11:00
    • 以前、11:30に終えていた背景として、保育園の終了時刻があった。
  2. 13:15〜15:00(R組およびA組) ‥‥ 現在は 13:30〜15:00
  3. 15:15〜17:00(F組およびG組) ‥‥ 現在は 15:15〜16:45

会議室の予約(1)

  • 毎週火および金曜日の 10:00〜17:00(7時間)
    • 準備時間を含めると、09:30〜17:15
    • 申込者は2人となる。(案としては、パソコンB組の組長と講師)

料金の支払い(1)

組別の料金支払いが難しくなるので、

  • 会費を3ヶ月で5,000円とする。(維持費を500円/3ヶ月 値上げする)
  • 公民館使用料は、パソコン同好会の維持費より一括して支払う。
    • 標準的には、7時間×210円/時間×8回/月=11,760円/月

会議室の予約(2)

  • 毎週火および金曜日の 10:00〜12:00 と 13:00〜17:00(6時間)
    • 準備時間を含めると、09:30〜12:00 と 12:45〜17:15
    • 12:00〜13:00 の間は、原則として「LAN等の配線はそのままにしておいてよい」という前提
    • 申込者は4人となる。(案としては、パソコンB組,R組,S組と講師)

料金の支払い(2)

組別の料金支払いが難しくなるので、

  • 会費を3ヶ月で5,000円とする。(維持費を500円/3ヶ月 値上げする)
  • 公民館使用料は、パソコン同好会の維持費より一括して支払う。
    • 標準的には、6時間×210円/時間×8回/月=10,080円/月

忌憚のないご意見をお聞かせください。

平成22年度以降のパソコン同好会(案の案)

  1. 講座は「4年で卒業」とする。
    • B組、S組、A組は21年度末で卒業(解散)とする。
    • 22年度はA組の時間帯(金曜日の午後一)を、新規会員の組とする。
       同様に23年度はR組(火曜日の午後一)を空け、新規会員の組とする。
  2. 新しい会を開く。
    • 日時
      1. 火曜愛茶アイティー会 ‥‥ 毎週火曜日の 09:00〜12:00
      2. 金曜愛茶アイティー会 ‥‥ 毎週金曜日の 09:00〜12:00
    • 運営
      • 会長: 各会で代表者1名を決める。決まらない時は閉会とする。
      • 会費: 4,500円/3ヶ月 程度。(参加人数にもよる)
        • 但し、公民館使用料を含み、お茶代は含まず。
        • 3ヶ月の会員制。途中の入退会は自由とする。
        • 曜日には固定されない。両方参加してもよいものとする。
        • 飛び入りは500円/とする。
           但し、目的を達成できるか否かは保証しない。このために掲示板の活用を考える。
      • 入会資格
        • パソコン同好会現役およびOB程度の実力のある方であれば、どなたでも可。
          但し、連絡等はWebで行うので、インターネットが使えない人は不利になる。
        • パソコン同好会に在籍した人以外は、入会金をいただきたい‥‥
    • 内容
      • 前半は「代表者が決めたテーマ」を、自主性を重んじた講座形式(質問には応えるが、質問が無ければ応えない)で行う。
        後半は講座形式をとらず、相互に教えあう自習形式とする。個別の質問には応える。
      • 「何をするか?」の連絡には、現在の「談話室」を当てる。(代表者のみ更新の権限を与える予定)
      • 出退の時間は自由とする。
      • 「お茶」も自由とする。

参考

公民館の事業
 公民館は、目的達成のために、おおむね、次に掲げる事業を行う(社会教育法 第22条本文)。

  • 定期講座を開設すること。
  • 討論会、講習会、講演会、実習会、展示会等を開催すること。
  • 図書、記録、模型、資料等を備え、その利用を図ること。
  • 体育、レクリエーション等に関する集会を開催すること。
  • 各種の団体、機関等の連絡を図ること。
  • その施設を住民の集会その他の公共的利用に供すること。

改廃履歴

  1. H21.09.01
    • 会員の意見・雰囲気から、愛茶会の内容を『前半は「代表者が決めたテーマ」を、自主性を重んじた講座形式。後半は講座形式をとらず、相互に教えあう自習形式とする』に変更した。これに伴い、負担が増えることから、料金もアップした。