昔の車の想い出

一昨日の記事「初めて買った新車 サニー1000」の、0123 さんのコメントに触発され、ネットを検索,検索 ‥‥ 初代と二代目の車の写真を探した。

 初代の車はニッサン ブルーバード310。1000ccで、テールランプが柿の種の形をしていたやつ。
勿論、中古車で、これと同じツートンであったが、ボディは真っ赤だった。
昭和40年頃? JR町田駅の裏、行幸ぎょうこう道路(と言われていた。字か違うかも)に面した中古屋さんで、20万円ぐらいだった記憶がある。
転勤を機に、兄貴に売った。
これで、エンジンの構造を勉強させてもらった。
 二代目はマツダ R360 クーペ。昭和42年、光市に転勤になって半年後ぐらい、戸仲の国道に面した光井川の辺にあった修理屋さんで、5万円で買った。ルーフがえんじ、ボディは空色だった。
同時に工具一式(新品)を5万円で買い、後部座席(これでも4人乗り)の足元に常設していた。
ある日、寂地峡に行った帰り道、警官に止められた。
ん? と思ったら‥‥「もしもし、ヘッドライトがありませんョ!」
慌てて降りて見たら、元ヘッドライトの位置が、朽ちて丸く穴があいていた。
翌日、買った店に持って行ったら、「ボロボロで溶接も出来ん」と言われ、フェンダーごと交換する羽目に‥‥

※ 入力していて感じたこと
  • 幅が狭い場所に文字を入力する時、数字は半角文字にすべきだ。全角であれば数字の途中で改行されることがあるが、半角数字であればそれがない。
  • 記憶のあるうちに記録しておいた方がいい。昨日の三男のメールに「記憶より記録の方が確実」とあったのを思い出した。

コメント返し

昭和40年代の頃、上司が乗っていた車。