RAWデータ

※参考

私のデジタルカメラCanon EOS Kiss Digital N)の「RAW はどうなっているか?」と聞かれ、使ったこともないので調べた。

  • 撮影時の設定: 記録画質の設定で可能。
     RAW に設定(拡張子 .CR2)すると、512MB CFカードに41枚しか撮影できない,連続撮影可能枚数は4枚とある。
     記録画質と言えば、このカメラの最高は約800万画素であるが、そこまで必要ないので、当初から400万画素(2496×1664)で使用している。この条件では、512MB のCFカードで約245枚(ミドルファイン モード),連続撮影は27枚となる。1回の撮影には1枚のCFカードで事足りている。
  • 付属CDにソフトウェア(ソフトウェアガイドより)
    • RAW Image Task(RAW 画像現像処理ソフトウェア)
      • RAW 画像を現像処理して表示したり、現像条件の設定を変更することができます。
      • RAW 画像をTIFF 画像、JPEG 画像に変換して保存することができます。
      • カラーマネージメントシステムに対応しています。
    • Digital Photo Professional(RAW 画像編集ソフトウェア)
      • RAW 画像の撮影が主体の方で、本格的な RAW 画像処理をされる方におすすめするソフトウェアです。
      • RAW 画像の高速表示/高速現像を行なうことができます。
      • 各種のリアルタイム画像調整機能を搭載しています。
      • カラーマネージメントシステムに対応しています。