103号機パソコンWindows終了時の不具合

103号機(WindowsME)の[Windowsの終了]時、「Irmon が原因で……」のメッセージが出る*1 ようになり、場合によっては電源が自動的に切れない状態になるようになった。そこで、リカバリーをする予定で自宅に持ち帰り、状況を眺めていた...

そこで、

  1. スタートアップの irmon のチェックを外した。
  2. コントロールパネルの「ワイヤレスリン」の[ファイル転送]タブの全てのチェックを外した。

これで様子をみていたところ、

    • 冒頭にあるメッセージが出なくなった
    • Safe Mode で「DiskScan」と「最適化」を行った。
    • ついでにグラグラしている回転台をバラしたら、プラスチックの支柱3本が全てが折れていた。強度不足であろうが、今となってはどうしょうようもない。適当にワッシャーをかまして固定した。

今回の対応はこれで終了とする。
参考までに、再起動直後のユーザーリソースは、「ウィルスセキュリティー」が起動している状態で81%であった。

*1:メッセージが出た後は電源が切れるか、固まるのでハードコピーが取れない