盗作にもルール

最近、写真の盗作が目に付くのが気になっています。いくら、インターネットに公開された写真とはいえ、ルールを無視した盗作はいけません。
例えば、季節の花 300 の「写真(画像)のご利用について」のページには、次のように書かれています。(H17.06.07 現在)

このホームページに掲載している写真(画像)やデザインなどは   
著作権法で保護されています(著作権は筆者が保有します)。    
このうち写真(画像)について、                                
「そのまま利用OKのケース」と                              
「許可が必要なケース」を掲載します。                        
                                                                                                                                                              • -
■そのまま利用OKのケース ・パソコンの”壁紙”としての使用 ・プリント(商用、営利目的でない場合) ・個人のHP、ブログ、掲示板等での使用もOKですが、 その場合は必ず写真(画像)のそばに、 下記のようなリンクまたは表記をしてください。 (例1) 季節の花 300 (例2)「季節の花 300」 http://www.hana300.com (例3)「季節の花 300」 http://www.hana300.com
                                                                                                                                                              • -
■許可が必要なケース ・商用、営利目的の一環として使用する場合 ・写真(画像)を編集し改変を加えたものをHP等に掲載する場合 事前にメールでご一報ください。 (目的、掲載予定URL、使用する写真(花の名前とjpg名)) 私が判断し、ケースによってはOKとします。 (メールでご返信します) なお、有料会員サイト内での写真掲示については一切不可とします。

上記のサイトから写真を引用した場合、最低限「季節の花 300からの引用」を明示すべきです。
使い方が掲載されていない場合は、

  • 引用すべきではありません。何故なら、「使い方」を探し出せなかった場合があるからです。
  • メールアドレスがあれば、許可のお願いをする

写真を嗜む人であれば、1枚の気に入った写真を撮るには大変な苦労があります。以前、「アヒルの水掻き」と題した記事がありましたが、そういうものなのです。写真を撮ったカメラマンに敬意を示す「引用の仕方」であれば、カメラマンも引用されたことを嬉しく思い、「もっといい写真を撮ろう」と思うことでしょう。