水分補給の重要性を再認識した草刈り

  • 6月8日(一昨日)の午前中
    • tenki.jpによれば、日付が変わる頃には雨は上がっていた。
    • しかし、草はまだ乾ききっていないだろう‥‥ と、
    • 新谷医院で特定健康診査を受けた。
  • 6月8日 午後
    • 畑の畦を中心に草刈り、2時間で燃料が切れたので、水分も補給する。
    • その後1時間、長靴の足がバテた。(この長靴とは相性が悪い)
    • 草刈りも‥‥ 終わりにした。
  • 6月8日の夜
    • 布団の中で足がつり、悶える‥‥
    • 落ち着いたところで起き出し、お茶500ccを飲み干す。ついでにアイスキャンディーも...
    • 水分補給が足らなかった。1年前の反省もコメントも忘れてた...
  • 6月9日(昨日)の午前中
    • 「なる置き場」として借りている(のうぐろがある)田んぼの草刈り。
    • のうぐろIIが残り少なくなったので石八前広場に運ぶ。
  • 6月9日 午後
    • 県道法面を刈った草をガンザキで集め、(粗起こし中の)田んぼに放り込む。
    • 県道ガードレールの下の刈った草を燃やす。
    • のうぐろIIの底の部分をばらして乾かしていたら使えそうだったので、石八前広場にぶ。これで終わりだ。
    • 草が燃え尽きたことを確認して帰宅。
    • 今夜は水分を補給して床に就く。


 そして今日、昨夜は足がつることもなく、チョッと寝坊した。
改めて水分補給の重要性を確認した。