「田布施川に鯉のぼりを!」のおかげで、JTrimの「連結」に出会えた


 午前中はハガキ(右図)
の誘惑に負け、「田布施川に鯉のぼりを!」の親衛隊としてサリジェへ。
寒かった(tenki.jpによれば 9℃)‥‥


が、準備がよろしく 11時、無事に終わった。



 午後は、外は寒いので、火曜日の MAPS-TA(フォトアプリ)の予習をしようとパソコンの前に座った‥‥

 “Windows10 フォトアプリ 評価” でググったが、私(=デスクトップユーザー)と同感で良い評価はない。
Windows10プレインストール機では「フォトビューワー」は使えないが、「Windows10で Windowsフォトビューアーを既定のアプリにする方法」が多数載っていることに対し、Microsoft社はどう反論するのか...



 しかも、Anniverary Updete(2016年8月〜)でインターフェイスを変えてしまい、習得中のユーザーは、サポートの無い中「Micrsoftアプリは使わない方がよい」ということを植え付けろ‥‥ ということ?


 “JTrim Windows10” でググって見つけたサイト。

  • Windows10でも「JTrim(ジェイトリム)」が使えます(月ユメミの気まま雑記帳 2016/7/26)
     Windows10にしてみて、さすがにもう使えないかと思いましたが、無事?使えました。
    私がよく使うのは、
    • モザイク加工
    • 切り取り
    • サイズ変更
    • 画像の連結
    • Exif情報の削除
    くらいですかね。


 「画像の連結」って使ったことが無いなぁ〜 と思っていたら、

  • 年賀状の保存は、スキャンしてデータで保存してる(月ユメミの気まま雑記帳2016/11/27)
     編集というほどのことでは、ないですけど。
    「宛名面」と「文面」を合わせて、一枚の画像として保存してます。
    やり方は簡単。
    開いている画像と、別の画像を連結するので、「編集」メニュー内の「連結」を選択を選びます。



 「やった〜」 早速、住所録の年賀状の表裏を連結した。
住所録のリンクをクリックすると、

フォトビューワーで表裏の年賀状が表示されたぁ〜〜〜

 田布施川の鯉のぼりも、JTrim バンザ〜イ!