JTrim/画像を縦に等分割する(切り出す)

 写真等の画像を「かまぼこのように切る(分割する)」を、これまでペイントで行っていたが、JTrimの方が簡単にできることがわかった。
使用した画像は Windows7に付いている「くらげ」(Jellyfish)、これを縦に 8等分し、Giamでアニメ化した。

Windows7に標準添付の「くらげ」Giamでアニメ化した「くらげ」

JTrimで画像を縦に等分する

 一般的にデジカメの画像(写真)をアニメに使うには

    • サイズが大きいので、リサイズする必要がある。
    • 色数を 256色以下にする必要がある。

今回は、Windows7に標準添付の「くらげ」を使った。

§1.背景にする画像の準備
  1. 背景にする画像(今回は「クラゲ」、JPEG形式)を JTrimで開く。
    • 今回は原画をそのまま使う(トリミングしない)。
  2. 幅 800px.にリサイズする。
    • 幅は任意であるが、等分し易い値にした方が計算が楽。
  3. [256色−誤差拡散]で減色する。(∵ アニメに使用するため)
  4. [名前を付けて保存]する。
    • ファイルの種類:ビットマップファイル
    • ファイル名:ここでは“0”(0.bmp)とした。
§2.縦に 8等分する

 今回の幅は 800px.なので、一つの幅は 100px.となる。

JTrimで切り取る画像の切り取り位置
ファイル名(bmp)座標1の x の値備考
0原画(800×600px.)
10 
2100左端の 100×600px.
3200 
4300 
5400 
6500 
7600 
8700右端の100×600px.

  1. 原画(0.bmp、サイズは 800×600px.)を JTrimで開く。

  2. [切り抜き]をクリックし、
  3. 【座標指定切り取り】ダイアログボックスで、
    1. 縦横比を維持する のチェックを外す。
    2. [座標1]を、x:0、y:0 にする。
    3. [座標2]を、x:100、y:600(原画の縦のサイズ)にする。
    4. R縦横比を維持する にチェックを入れる。
    5. [OK]
    6. [ファイル]⇒[名前を付けて保存]する。
       以下、Shift+Ctrl+A を(左手で)操作する。
      • ファイルの種類:ビットマップファイル
      • ファイル名は 1(1.bmp)とする。
  4. JTrimの画面に戻ったら、元に戻す。(Ctrl+Z)
  5. 切り抜き場所の枠線が表示(選択)されているので、枠外をクリックし選択を解除する。

  6. [切り抜き]をクリックする。
  7. 【座標指定切り取り】ダイアログボックスで、
    1. [座標1]を x:100 にする。
      • 自動的に次の切り抜き範囲になる‥‥ はず。
    2. [OK]
  8. Shift+Ctrl+A(名前を付けて保存)
    1. ファイル名:“2”
      • 他は前回と同じなので、触らない。
    2. [保存]
  9. JTrimの画面に戻ったら、元に戻す。(Ctrl+Z)
  10. 切り抜き場所の枠線が表示(選択)されているので、枠外をクリックし選択を解除する。

     以下同様に、6.〜10. を上表にある「ファイル名」,「座標1の x の値」で繰り返す。
§3.出来たファイル一覧

 まりふのひとの例です。