Windows7で、F1〜F12キーの機能を確認した

富士通からのメルマガ「My Cloud 通信(PC活用号) -2014年5月28日号-」の件名が

[F1]〜[F12]このキーはいつ使う?どう使う? [My Cloud 通信]
気になったので、Windows7 で試した。

キー 機能 所感
F1 ヘルプやサポートを開きます。 VBAコーディング中は良く使うけど、普段は使わない。
F2 選択しているファイルやフォルダー、アイコンなどの
名前を変更します。
ナビゲーション ウィンドウでは Click&Click が使えないので
今後、使おう!*1)
F3 ファイルやフォルダーを検索できます。 Ctrl+F と同じだった。
F4 ウィンドウのアドレスバーを表示します。 IEでキーワード検索(Ctrl+E)の代用として使えそう...
F5 ウィンドウ等の表示を更新します。 ブログを[編集](修正)することが多いのでよく使う。
(この場合、Ctrl+F5)
F6 「ひらがな」変換 使っている。
F7 「全角カタカナ」変換  〃
F8 「半角カタカナ」変換  〃
F9 「全角アルファベット」変換  〃
F10 「半角アルファベット」変換  〃
F11 ウィンドウを全画面表示にします。
再度押すと解除されます。
F10と間違って押すことがあるので知っている。
F12 WordやExcelなどのOfficeソフトの場合、
[名前を付けて保存]ウィンドウが表示されます。
今後も使わないであろう。(たぶん)


  • *1) 以前、講座中にフォルダー名を変更してもらったことがある。その後、変更前の名前のフォルダーを作ってもらったら、「既に存在する」という...
     原因は、ナビゲーション ウィンドウで、「お気に入り」の名前を右クリック ⇒[名前の変更]で変えたため。
    ここにあるように、「選択して‥‥」の方法で行ったら、このような珍奇にはならなかったのだ。