身近なブログを読んで思うこと

最近のブログを読んで思ったことを、順不同で羅列してみた...

  1. 「練習」というタイトル
    • それ自体は悪くない。
    • しかし、何を練習したのか‥‥ が、無い記事がある。練習した結果(成功したのか/失敗だったのか)も無い...
    • となると、数ヶ月後(あるいは数年後)、「前は上手く出来たのに、何故、出来ないのだろう...」となった場合、このアップは役立たない...
    • このような「練習」が続くと、「よく わかるかもしれない IT・コンピュータ 用語辞典」の「初心者」と同じ意味で使っているのではないか‥‥ と、勘ぐりたくなる...

  2. 〜出来ません という質問というか嘆き
    • 「何回もやったのですが出来ません」と言われても、何をやったのか‥‥ が無い記事がある。
    • 「頑張ってください」としか、言いようがないですよね...

  3. 新聞記事より学ぶこと‥‥
    • 右は5月4日 中国新聞の「ヤングスポット」
    • タイトル「地震対策を広めよう」を見れば、書いてある内容が推定できる。
    • 5段落ある。
    • 段落の最初は、字下げしてある。
  4. こんなサイトもある。
    文章教室−文を短くしましょう−結城浩のホームページ)
    • まず、いま考えていることを、どんどん書いてみましょう。
    • そして、書いた文章を、よく読みかえしましょう。
    • さらに、「もっと読みやすくできないかな」と考えましょう。
    句読点および記号の使い方 (山之内総合研究所)

     句読点(句点および読点)を使う際には、適切な目安が必要です。同様に、記号も技術文書での一般的な用例に基づいた使い方が適切です。