取扱説明書で知るコンパクトデジカメの使い方

H23年度に麻里府パソコン同好会に入会されたクラス(TA1)で「取扱説明書で知るコンパクト デジタルカメラ(略して、コンデジ)の使い方」をすることになった。
問題は、私のコンデジ CANON IXY DIGITAL 800IS は 2006年製。取扱説明書(基本編応用編)は(持ち歩くので)ボロボロになってきているが、バッテリーを追加購入した だけで今だ健在,修理可能な期間の 2015年1月まで は使う予定であること。これがベースになっているので、講座で通用するか‥‥ 懸念される。




 持ってくるもの

  1. デジタルカメラ 一式
  2. デジタルカメラ マニュアル一式
  3. 筆記用具
  4. バッテリー充電器
    • 充電してくれば、当日持って来る必要はありません。
  5. ノートパソコン
    • 初日は使いません。
    • 二回目以降は、初日の結果次第です。



 デジタルカメラ自学自修会(2008.05.25)より抜粋

  1. デジカメとは
  2. デジカメの種類 (悩みドットジェイピー)
    • Canon IXY 800IS の撮像素子は 1/2.5型 CCD(仕様に載っている)
  3. 構造の違い/デジタル一眼レフとは (デジタル一眼レフカメラ入門初心者講座/デジタル一眼レフとは)

  4. 画素数とプリントの目安 (タイトルのページへ)
  5. 光学ズームとデジタルズームの違い
  6. デジタルカメラ撮影の“基本のキ”
    • シャッターを押してはいけない...

  7. フラッシュの到達距離はせいぜい数メートル
  8. 露出補正
  9. 花火はシーン別で撮る(要、三脚)
  10. マクロ
  11. セルフタイマー