WindowsLiveMail2011の使い方(メール送信の形式)

Windows Liveメールの本文の形式には「テキスト形式」と「HTML形式」があります。
テキスト形式は文字だけ に対し、HTML形式は表現力豊か な形式(Webページと同じ形式)で、既定では HTML形式です。
メール本文をテキスト形式にするか HTML形式にするか‥‥ は、多くの議論があります。以下は個人的見解です。

  • 古くからメールをしている方は、テキスト形式です。(昔は HTML形式はなかった)
  • HTML形式では読めないメーラーを使っている方もおられる。
    • 特に、古くからメールをしている方やセキュリティに気を使っている方、企業など
  • HTML形式でのトラブル例
    • メールが届かない。
       HTML形式のメールは容量が大きいので、ウイルスメールを警戒した受信メールの容量制限にひっかかってしまった ‥‥
    • メールのプレビューでウイルスに感染
       これは過去にあった事実です。メール本文をプレビューしただけでウイルスに感染しました。
      セキュリティ意識の高い人は、HTML形式で送られてきたメールを警戒する人は少なくなくありません。
  • HTML形式は、メールを送る側の業者には都合がいいです
    • 表現力豊かである。
    • 「メールを見た」という実績を把握できる。(場合がある)
    • 偽装も可能。(悪意がある場合)


 常にテキスト形式でメールを送信する設定

  1. Windows Live メール]タブをクリックし、
  2. [オプション]をポイント ⇒[メール]をクリックする。
  3. [送信]タブ/「メール送信の形式」の「8テキスト形式」を選択する。
  4. [OK]ボタンをクリックする


 私の持論

  • 初心者を公言する人は、テキスト形式にすべきです。
     これまで、麻里府パソコン同好会ではそう説明してきました。
  • セキュリティ意識の高い人は、テキスト形式です。(たぶん)
  • どうしても HTML形式で送信したい時は、【メッセージの作成】ウィンドウで、[メッセージ]タブの[リッチテキスト形式(HTML)]ボタンをクリックします。


 参考にしたサイト


 バックナンバー