『スタートアップチェッカー』の評価を調べる

WindowsXP が「遅くなる、重くなる」原因は種々あるが、ソフト的には「使いもしないソフト」(かつて使ったソフトを含む)を何時までも常駐させているのが最大の原因だと思う。
私のノートパソコンが遅いのは、クロックが 1GHz未満だし、メモリは 256MBのため。余計な常駐ソフトは起動していない(たぶん)し、今更、メモリを増強する積りはない。(仕様では出来ないことになっている)
「遅い、重い」と言っている WindowsXP ユーザーは、新しいパソコンを購入し、WindowsXP パソコンは、「麻里府パソコン同好会に寄付」するのがベスト・チョイス‥‥ (だってさぁ、パソコンを廃棄するにはお金が掛かるのです! 「その費用を負担しましょう」と言っているのです) 但し、リカバリーCD のないパソコンをお断りします...
で、常駐ソフトを調べるのは「営業方針に反する」(今は必要ない)が、役所と違い、「予防に力を入れる」のが方針だから、

スタートアップチェッカー
について調べてみた。

  • スタートアップチェッカー (スタートアップ・サービス / フリーソフト・無料ソフト紹介「知恵の実.com」)
     スタートアップに登録されたアプリケーションの詳細を調べたり、スタートアップ・プロセス・サービスの設定変更、スタートアップ情報の常駐監視などの機能を備えたチェッカーソフト。
     スタートアップとレジストリ自動起動項目に登録されたプログラムを確認し、必要に応じて起動と停止を変更するための「スタートアップチェッカー機能」。現在動作しているプロセスを確認し、必要に応じてプロセスを終了させるための「プロセスチェッカー機能」。サービスとして登録されているソフトウェアを確認し、必要に応じて起動時の状態を変更するための「サービスチェッカー機能」の3つの機能が含まれています。
     アイコンと共に、登録名・登録先・ファイル名・会社名・説明が表示されるので、分かりやすく使えます。「情報検索」をクリックすると、現在表示されている項目のファイルが、設定した登録先(Symantec / Trend Micro)に登録されているかをチェックすることができます。(2006/05/07)
  • 重いパソコンの解消に「スタートアップチェッカー」 (WEB2.0とパソコン講座)
    インストールメモ
     カスタムインストールを選ばないと、「Yahooツールバー」と「JWord」がインストールされてしまいますので注意です。

     「注意事項」をいくら書いても、自分の使用しているソフトの名称さえも「認識」出来ない方は、止めておいた方が無難だと思います。


悪い評価は見つからなかったぁ〜