まりふのひと

(施設予約|品目別分類表)
(このヘッダーの原紙は 3月31日の記事

窓の杜の「スクショ撮影は標準機能で! 知っておくと便利な基本と小ワザ」を Home Study...

 窓の杜ニュース 2020年4月27日の「スクショ撮影は標準機能で! 知っておくと便利な基本と小ワザ」

 前回は画面録画をしましたが、今回は静止画、画面のスクリーンショットの撮り方です。もちろんWindows 10の標準機能です。
 当然のことながら、タイトルを見ただけで放っておけない‥‥
更に1行目に「前回は画面録画をしました」 とある... 🤓
内容を検証する時間がないので、取り敢えず URL は確保した...

[PrintScreen]キーと[Windows]+[PrintScreen]キー

 内容的には既知なので省略。

[Alt]+[PrintScreen]キーと[Windows]+[Alt]+[PrintScreen]キー

 ただ全画面の場合と、保存されるファイルに違いがあるので注意が必要です。まず、保存先は “ピクチャ”フォルダーではなく“ビデオ”フォルダーの中の“キャプチャ”フォルダー です。また、ファイル名も違い、“ウィンドウのタイトル+日付”のファイル名でPNGファイルとして保存されています。名前順で並んでいると見つけづらい時があるので注意しましょう。

  • Alt+Win+PrintScreen は出来ない‥‥ と思っていたが、勘違いだった。保存先が「ビデオフォルダー」だったとは...

Windows]+[Home]キー

 現在アクティブなウィンドウ以外を隠す・戻す。
Win+D,Win+M は知っていたが、Win+Home は知らなかった。使えそうだ...

“OneDrive”にスクリーンショットを保存する

 内容的には既知なので省略。

Windows]+[Shift]+[S]キーと[PrintScreen]キー(要設定)

 スクリーンショットを撮ると、通知が表示されます。そのまま、通知をクリックすると、スクリーンショットを読み込んだ形で「切り取り&スケッチ」のアプリウィンドウが起動します
 内容的には既知なので省略。
Shift+Win+S*1 を PrintScreen で呼び出す設定は、一度、やってみたが、PrintScreen で OneDrive に保存出来なくなるので、直ぐに止めた。

「切り取り&スケッチ」アプリで後加工

 上記は、

  1. Shift+Win+S でスクリーンショットを撮った時
  2. 通知(右図)のf:id:ogohnohito:20200503105916p:plain:right:w320画像をクリックすると‥‥
  3. 「切り取り&スケッチ」が起動し、編集ができるようになる。

と言うことのようだ。
今のところ「切り取り&スケッチ」は殆ど使っていないので...

それより、間違って‥‥

  1. クリップボードにコピーした画像を
  2. ブログの編集画面に貼り付ける(Ctrl+V)と、
  3. 自動的にフォトライフにアップロードされ、
  4. 本文中に挿入される。

現象があった。もう少し試してみよう...

タスクバーの右クリックメニューからタイマー記録

 タイマー機能は、タスクバーに表示された「切り取り&スケッチ」のアイコンを右クリックすると表示されるメニューから利用でき、3秒または10秒を選ぶことが可能です。「切り取り&スケッチ」をタスクバーにピン留めしてしておくと、「切り取り&スケッチ」が起動していない状態からでもタイマー撮影を開始できて便利です。
 アイコンの右クリックでタイマーを起動できるのは知らなかったが、今は「XnView」を使っているので必要なくなった。

ニャンとも: 「Snipping Tool」からの移行はお早めに

 「Snipping Tool」は以前はスクリーンショットを撮るための最高のアプリでしたが、すでにWindowsでの開発は終了し、そのうち無くなる予定です。ですのでまだ、「Snipping Tool」を使っている方は、今のうちに「切り取り&スケッチ」に移行して慣れておきましょう。
だってさ。
 個人的には、

  • Shift+Win+S はよく使うが、
  • 今は、「ExClip」で取り敢えず保存することが多い。
  • その後、ペイントや ペイント3D、時々 切り取り&スケッチ で編集することが多いかなぁ~
  • たが、今日の操作ミスで知り得た「クリップボードの画像を直接はてなブログに貼り付け」出来るのであれば‥‥ ペイントの利用頻度は少なくなるか...


*1:Shift→Win→S は、まりふのひと流のキーの押し方。先にWindowsキーを押すと、スタート・メニューが出てしまう。