Excel2013のオートフィル、フィルハンドルのCtrl+ドラッグと右ドラッグを知る

 日経パソコン 2018.10.8(No.803)号の
  Excel操作を効率アップ 第1回 入力作業をスピードアップする
に、

Ctrlキーを押しながらフィルハンドルをドラッグすると、最初の数値から1ずつ増加していく連続データになる
とあった。
 例えば、セルA2から下方向に1から9までの連番を入力する場合

§方法1
  1. セルA2に“1”を入力する。
  2. セルA3に“2”を入力する。
  3. セルA2〜A3を選択し、
  4. フィルハンドルを下方向にドラッグする。(右図)

で行っていたが、

§方法2
  1. セルA2に“1”を入力する。
  2. セルA2を選択し、
  3. フィルハンドルを下方向に Ctrl+ドラッグ する。(右図)

で良いことになる。

更に、

一定の値で乗算する連続データを入力するには、先頭の2つのセルを選択してフィルハンドルを右ドラッグし、表示されるメニューから「連続データ(乗算)」を選べばよい。
も試してみた。

§方法3

 これは方法1と同じであるが、右ドラッグする。
と、

  • 直ぐオートフィルのオプションが表示される。
  • メーニューの数も違い、「連続データ(乗算)」を選択すると‥‥

    左のような入力ができる。
    但し、「右ドラッグ」は後期高齢者にとって難しかったぁ〜

 右ドラッグ以外の方法でできないのか‥‥ と、ググった。

  1. セルA2を選択する。
  2. ホーム・タブ/編集・グループの[フィル]⇒ 連続データの作成 をクリックする。
  3. 連続データ・ダイアログボックスで下記を入力する。
    • 範囲:◉列
    • 種類:◉乗算
    • 増分値:2
    • 停止値:1000
  4. [OK]🖰

 完成した。