JTrimで開いた時、デフォルトのズームを「ウィンドウに合わせる」にする

 JTrimで画像を開くと「現寸表示」(表示・メニュー ⇒ ズーム)されるが、年賀状を表裏同時にスキャンし、表と裏を連結(編集・メニュー ⇒ 連結)するので、「ウィンドウに合わせる」(Ctrl+F12)をしょっちゅうしている‥‥
起動時にウィンドウに合わせてもらえると手間が省けるのだが...

 操作していてズームのメニューの一番下に「ズームの情報を保存する」があるのに気付き、“JTrim ズームの情報を保存する” でググると‥‥

  • JTrimの基本機能(Photo Factory デジカメ写真で遊ぼう)
    ズーム

     表示倍率を10%から1000%の範囲で操作できます。「ウィンドウに合わせる」を選択すると表示領域の大きさに合わせて最適化されます。この場合の表示倍率は最大5000%です。
    「ズームの情報を保存する」チェックボックスにチェックを行うと終了時のズームの設定を次回起動時に復元するようになります。


 早速、やってみた。

  1. 画像ファイルを右クリック ⇒ 送る ⇒ JTrim
  2. [ズーム]⇒ ☑ズームの情報を保存する にチェックを入れる。
  3. Ctrl+F12(ウィンドウに合わせる)
  4. JTrimを終了する。

  5. 画像ファイルを右クリック ⇒ 送る ⇒ JTrim
  6. ウィンドウに合わせて開いた。(成功!)


 上記後、

  1. 画像ファイルをWindowsフォトビューアーで開き、
  2. 開く ⇒ JTrim にすると「現寸表示」になった。
  3. ウィンドウに合わせて表示後、JTrimを閉じる。
  4. Windowsフォトビューアーで画像を変え、
  5. 開く ⇒ JTrim にすると、ウィンドウに合わせて開いた。


「現寸表示」に戻ってしまう何かがあるような気がする...