Windows10のペイントで正方形に切り取る

 今冬一番の寒さの二日目、晴天なれど時折雪や風が吹く‥‥
で、外の作業は諦め(午前中、散髪したので首から上が冷える)、山口ばあばさんが「JTrimで画像を正方形に切り取る」を載せたので、じゃぁ Windows10のペイントでやってみよう‥‥ と。


(ペイントはそれなりに使える前提にしています)

§1.画像の準備

 折角なので、山口ばあばさんの画像を無断で引用した。

§2.太目の線で正方形を描く(囲む)

 タブは全てホームとする。

  1. 図形・グループの[四角形]を選択する。
  2. 線の幅を最大(8px.)にする。‥‥ 任意
  3. 色1を[白]にする。‥‥ 任意
    • 画像に無い目立つ色,例えば黄色でもよい。
  4. 画像上を Shift+ドラッグし、正方形を描いて‥‥
    • 切り取る大きさ以上に囲むこと。
    • ドロップした後は、Shift+ドラッグは効かなくなる。
    • やり直す場合は、[元に戻す](Ctrl+Z)。
    • 四角形を描いた後は、余計なことをしない。
  5. 左上角の位置を確定する。
    • 四角形の枠上に点線が引かれている状態の時、四角形の中にポインターを移すと、上下矢印付きのポインター)になるので、ドラッグすると、四角形を移動することが出来る。
  6. 確定する。
    • イメージ・グループの選択をクリックするか四角形の外をクリックする。

§3.大雑把にトリミングする

 ここで、白線の内側を[選択」し[トリミング]すると完成ですが、慣れていないと難しい‥‥ はずなので、後の作業がし易いよう、まずは白線の外側を大雑把にトリミングする。

  1. イメージ・グループの[四角形の選択]をオンにする。
  2. 四角形の白線の外を選択し、
  3. [トリミング]する。


§4.ドラッグして上および左をトリミングする

 この方法は後に使えるはずなので、あえて紹介する。

  1. すべて選択する。
    • キャンバスの周囲が点線で囲まれる。
  2. 上および左の白線が隠れるまで左上にドラッグする。
  3. 選択を解除する。
    • [選択]をクリックするか、選択範囲の外をクリックする。
  4. キャンバスの右端中央にあるハンドルを、白線が隠れるまで左にドラッグする。
  5. ステータスバーで、現在の画像の幅を確認する。
    数値は左より
      1. マウスポインターの位置(水平位置×垂直位置)
      2. 選択範囲の大きさ(幅×高さ)
      3. 画像のサイズ(幅×高さ)
      4. ズームレベル
  6. 画像の高さを幅と同じにする。
    1. ファイル ⇒ プロパティ をクリックする。
    2. 高さを幅と同じにする。
    3. [OK]
      • 完成!!!


チョッとこだわり過ぎかも...