くの字体操をしながら「PDF-XChange Viewer」でpdfファイルを画像ファイルに変換した

 朝起きた時は今迄で最悪の痛み...
着替えと布団上げはソロソロ行ったが、フェイタス5.0の残りが寂しくなったので、新谷医院行きを決心した。

  • (レントゲンを見ながら)骨には異常が見つかりません。
  • 痛み止めとシップを出しておきましょう。
  • 痛くない範囲で動いた方がいいですョ。

で、終わり。費用は上記のフェイタス以下で、経済的には予定どおりで...
帰宅後、シップを貼り、痛み止めの薬を飲んで、一日、くの字体操をしながら、テレビとストーブの番をしていたら‥‥ だいぶ楽になった。


 パソコンの前で長く座っていて腰にきたらいけないので、くの字体操をしながらネットサーフィンをしていて、フリーソフトPDF-XChange Viewer で pdfファイルを画像に変換する方法を知った。

  • 【完全版】PDFからJPEGに変換する無料サイト&フリーソフト(社会のレールから外れた男 2017.05.09)

    PDF-XChange Viewer

     無料のPDFビューワー。
    JPEGだけでなく、BMPPNGTIFF、GIF、JNGなどの画像ファイルに変換することが出来る。
    1. 画面左上にある『ファイル』をクリックしよう。
    2. ファイルをクリックしたら『エクスポート』→『イメージへエクスポート』と選択していこう。
    3. イメージへエクスポートの画面を開いたら、イメージの種類から『JPEG』を選択。選択したら『エクスポート』をクリックして欲しい。
    • PDF-XChange Viewerはインストール済なので、早速使い、png形式に変換した。


≪使い方≫
  1. ある画像をWordに貼り付け、Wordの機能で加工したとする。
  2. その後、スクリーンショットし、ブログの写真にする時、画面一杯に表示できない時はズームで縮小することになる。
  3. そのような時、Wordの印刷機能で、pdfに変換すれば、縮小することなく画像ファイル作ることができる。

 同じ方法で、Excelの大きなグラフを、縮小することなく画像ファイル化できそう‥‥

 サンプルpdfとして、

  • tenki.jpより田布施町の10日間天気を「Microsoft Print to PDF」で[印刷]した。
  • ファイル名:2018-0131_田布施町の10日間天気.pdf (全5ページ)
  1. サンプルpdfを右クリック ⇒ 送る ⇒ PDF-Viewer
  2. 画像にしたいページを調べる。
    • サンプルpdfは全5ページであるが、画像にしたいのは 1〜3ページであった。
  3. ファイル ⇒ エクスポート ⇒ イメージへエクスポート
  4. 【イメージへエクスポート】ダイアログボックスで、

    • ページ範囲:今回は1〜3ページなので、8ページ指定 1-3 とした。
    • イメージの種類PNG(または JPEG
    • 保存先のフォルダ:[参照...]から fotolife を指定した。
    • ファイル名:“2018-0131_田布施町の天気” とし、[マクロ]から「自動採番」を選択した。
      • ファイル名の右に が付いた。
      • ページ範囲が1ページの時は要らない。
    • エクスポートの方法 ‥‥ メニューは一つしかなかった。
    • 解像度:96dpi
      • ブログ用であれば 96dpiが扱いやすい。300dpiは、印刷する場合。
         因みに両者を比較(カッコ内が300dpi)すると、
        ◆画像の大きさ:793×1122px.(2478×3506px.)
        ◆サイズ:118KB(656KB)
  5. [エクスポート]!!!


 終了したので fotolife を見たら、2018-0131_田布施町の天気01.jpg,2018-0131_田布施町の天気02.jpg,2018-0131_田布施町の天気03.jpg が出来ていた。

 その後は、ペイントで天気のみを合成したら、471×2149,244KB の大きさのファイルになった。

  • ページのつなぎ目が1ドットずれていた。
  • 右図の解像度で我慢できなければ、解像度 96dpiを 300dpiにすればよい。