「座りすぎが病を生む」のテレビを見てGoogle Chromeの良さを知った

 18日に注射した右腹部を草刈り機が当たるせいか否か不明だが、チョッと痛みが引き難い感じ。
で、午前中は自宅軟禁としよう‥‥ と決め込んだが、この時間帯,いつもはパソコンの前に座っていることが多いのに

を見て、「座りすぎが病を生む」の終盤のCM時間に席を立ち、やっとパソコンの前へ...


 ネットを検索すると、

意外に古くから言われている記事であることが判った。

  • 1日のうち座っている時間を集計するには加速度計(加速度センサー)と呼ばれる測定器を付ける。
  • 北海道大学の鵜川重和さんは、全国およそ12万人の生活スタイルと病気の関係を20年にわたって調査したデータを解析
     男性の場合、座ってテレビを見ている時間の長さが肺がんの発症率に関わることを突き止めました。
    座っている時間が、2時間未満の男性と比べ、4時間以上だと肺がんの発症率が3割以上上がっていた
  • 座っていること自体が問題?
     まだはっきりとした時間というところも、まだまだ分かっていないところが多いんですが、大体30分、あるいは1時間に1度くらいは少なくとも立ってですね、少し動いたりするといったところが、重要になってくるかと思います。


 この「クローズアップ現代の情報」の情報、2015年11月11日に放送となっている。
ということは、このままズ〜ッと残るのだろうか?「NHKアーカイブスに移しましたぁ〜」とか言って、有料になる‥‥ 可能性がある。そこで、PDFに落とすことにした。

§1.Internet Explorer(IE11)で
  1. 印刷したい範囲を選択し、
  2. プレビューで[画面で選択されたとおりに印刷する]を選択。
    • カスタム倍率は 100%だったので変更せず。
    • 全19ページであった。
      • 余白の設定は、左右:12.7mm、上下6.35mm

 ふと、Chromeだったらどうなるの?

§2.Google Chromeで同じページを見る
  1. 印刷したい範囲を選択し、
  2. Google Chromeの設定 ⇒ 印刷
  3. 詳細設定の ☑選択したコンテンツのみ をチェック
  4. IE11のように3ページを一画面に表示することはできない(たぶん)ので、ペイントでらしく加工した。
    IE11に比べ
    • 画像が大きく、
    • 1行を占有している。
    • このためか全ページ数が増え、23ページとなった。
    • 文字行の幅が広く、その分、改行数が減っている。(読みやすい方向…)

 その後、何処の設定を変えたか定かでないが、PDFに落としたら

  • ページ数が21ページに減った。
    • 例えばプレビューで、2ページのトップに画像があったものが前ページに入っていた...
  • IE11のように、全体が左に寄っている現象はなく、読みやすい文書となった 

 PDFは、
 ◆ファイル名:【健康】「座りすぎ」が病を生む!?↓クローズアップ現代_2015-1111.pdf で
 ◆myCollectionに保存
した。

§3.Microsoft Edgeでは‥‥

 普段使っていないので、方法を知らないところがあるが、

  • 「画面で選択されたとおりに印刷する」ことは出来ない?

ここでつまづき、先へ進めなかった。というより進まず、「終わり」とした。