SONYのWindows10ノートPC/タスクマネージャのディスクが100%!?−診断6End

≪いきさつ≫


 半日程度ではあるが、5日間タスクマネージャを眺め、ああでもない/こうでもない と試行錯誤した結果

7/27 8/2


タスクマネージャー/ディスク は空きが出る状態になり、HDDのアクセスランプも点滅する状態になった。考えられる要因は

  1. Windows Update 繰り返していた。
    • Windows Update を途中で止めた。(電源を切ったか?)
    • これが原因で不具合が発生し、Updateファイルのダウンロードを繰り返していた‥‥ (たぶん)
  2. そこで、[更新プログラムのチェック]を行い、Creators Update の前の Update を夜中に、電源入れっ放しで完了させた。
  3. そして Creators Updateを手動で起動,4時間以上掛けて終えた。

 その後行ったのは一般的なことで、

    • エラーチェック
    • クリーンアップ
    • 最適化

 多少なりとも効果があったのは上記までと思われる。



≪気になったこと≫
  1. キーボードのが効かない。
    • 自宅にあった古いUSBキーボードをつないで対応した。
    • オーナーが判らないはずないと思うが...
  2. VAIO Update とは
     Windows Vista以降のソニーVAIOでは、アップデートを行う「VAIO Update」というソフトウェアがご購入時からインストールされています。

    VAIO UpdateとWindows Updateの違い

     ソニーの提供する「VAIO Update」は、VAIO固有の問題を改善したり、機能を追加したりするソフトウェアです。一方、マイクロソフト社の提供する「Windows Update」では、OSに関する問題の改善や、セキュリティーを強化するプログラムなどが配信されます。
    • 瞬間的な比較なので、実態を表しているかは不明であるが、VAIO Update を止めると「ディスク」の%は下がる。

      左はページトップの右側と同じ図。右が VAIO Updateを止めた時

    • VAIO Update は簡単には止められない。止めても、いつの間にか動き出すようだ。
       セキュリティソフトのように、一時的に止められて、再起動すれば動き出すようにしたらどうだろうか...
    • SONY の PC はメーカー独自のアプリが多く入っている‥‥ ということか...



≪結論≫
  • 正常時の状態が判らないので、これ以上の試行錯誤は中止する。
  • なお、BunBackup は正常に終了した。